1%の努力

数年ぶりに本を買う

投稿者:

本を読まなくなりました

数年ぶりに本を買いました。

小学生の頃は毎日図書館に通い図書館のオジサンに「毎日来るね」って言われて恥ずかしくなって2日に1回に頻度を下げてた(笑)くらい本が好きでした。本好きは大学生まで続いて、図書館とか本屋さんとかものすごく行ってました。

オッサンになってくると同時にスマホが一気に普及して本がタブレットとかで読めるようになりました。気になることや知るべき知識のさわりはWikipediaで理解し、深めるためにグーグル検索で深めていく。みたいなスタイルが身に付き、全てがスマホで終わっちゃう時代になり、いよいよ本なんて買わなくなりました。

「よし!これ読もう!」って最後に張り切って買ったのは又吉大先生の「火花」をどこかの空港で買い飛行機で読んで以来?

それか養老孟司さんの「バカの壁」って本だったかな?

他にも化学の本とかカビの図鑑とか統計と集計の方法とか、データ活用とか買いましたけど、読むというよりは調べる本なので別物かな?

まーなんせ覚えてないけどそれ以来。

何買ったの?

1%の努力
1%の努力

これ。

ひろゆきさんとかホリエモン、橋下徹さんとかって嫌いな人は嫌いという割と好き嫌いハッキリする人かと思います。

でも僕は彼らの合理的なところとか理論的なところが好きですね。

「1%の努力」って本はすごく面白かったです。

僕が常日頃から考えている事にとっても近いことがたくさん書かれていました。

ひらめきもないまま、ムダな努力を積み重ねていっても意味がない

って本の中に書かれていますが、これは本当にもっともだと思います。

人生にはハンデがある

とも書かれています。これもそうだと思う。

僕は「努力の全ては報われない」って思うし「頑張ってもどうにかならないこともある」って思います。

東大生の親の54.8%が年収950万円以上だそうです。MITとかハーバードではさらに顕著みたいです。

これを見ても理論的に考えると人間みんな平等か?って疑問も出てきますよね。

貧しい家庭で生まれ育ち努力の結果大成功した人たちのエピソードなんかは美談として扱われやすく、人々に響きやすいです。でも実際そういう環境で大成功した人って世界中の人口に対して何パーセントくらいいるでしょうか?

努力とか頑張るは無駄なの?

僕は努力することも頑張ることも無駄だとは思わないし、意味ないとは思いません。するべき努力とするべき頑張りがあるけど、逆もある。逆の方向は頑張らなくても努力しなくても良いんじゃないの?って思うだけです。

例えばですけど、僕が今から「美空ひばりさんみたいな歌の天才になる」って決心して歌の努力をするとします。絶対無理とは言いませんけど、可能性で考えると限りなく低いですよね。それなら僕はすごい掃除屋さんになる努力をする方が確率は高いでしょう。

植松さんは「どうせ無理を言わない」みたいなことをスピーチして有名になりましたよね。

これも希望のある話でいいと思うし、若者にはこのスピーチの動画を見ることを勧めたりします。でも夢と希望だけじゃ現実はやってけません。

僕はカメラマンの仕事もしているので周りに多かったんですけど「自分は写真撮るしかとりえない」って言ってるけど、カメラマンでも食えてない人とかフリーランスと言えばカッコいいですけど、大手写真館の代写で日当幾らで生計を立ててる人。フリーランスという日雇いバイトですよね。

僕も若いころは写真だけで飯食いたいって思ってたので、批判とか否定じゃなくて自分の話ですけど、写真ってセンスですから努力だけじゃ越えられない壁ってありますよ。

僕も日雇いバイトみたいなもんでしたし。

才能とかセンスがなければ辞めなきゃいけないの?

別に辞めなくてもいいとは思います。

カメラマンの話題でしたからカメラマンの話で書くと、例えばですけど学校写真はセンスないけどコマーシャルならセンスあるとかなら、それに的を絞ればいいだけだと思います。

自分の適性をしっかりと理解して自分の努力するべきポイントを間違わない。ってのが大切だと思います。

お掃除でいうと僕は狐塚さんやナオキンさんほど磨きやエアコン分解の才能はありません。なので僕は全く努力しないわけじゃないけど、全然違う方向に舵を切り消臭とか染み抜き、除菌、床のコーティング系とかそういう方向に行きました。

だって狐塚さんみたいな「もはや宇宙人」って境地には行ける気しないし、ナオキンさんみたいに「お掃除の現場も、ライフスタイルも、人間性も全部アート!」って人間にはなれないですしね。

施工写真を見るたびに「悔しい!ジェラシー!すごいぜ!!」って思う人が居るジャンルに飛び込んでも勝てないのは分かり切ってます。

僕がネットやTwitterとかあれこれ見てる限りじゃこのお二人は間違いなくトップクラスだし、似た施工の人は多いけど、二人の品質に届いてる写真は見てないですし。(あくまでも僕の趣味のネットサーフィンで見ている限りはですよ)

「蟷螂之斧」って言葉があります。

まさにこんな感じですよ。

挑戦することは素晴らしいし、挑戦しなければ新しいものは手に入りにくいでしょう。努力に努力を重ねてすばらしい技術に追いつく人もいれば、僕みたいに違う方向で二人が見てる景色を見に行きたいって考える人間もいます。

旭岳だってロープウェイで登る人もいれば歩いて登る人もいればトムラウシから来る人もいるかもしれない。登り方は沢山あると思います。

最初に立派な足跡作った人がやっぱりすごいですよ。

商売なら色々な方法で年商10億円とか目指せるでしょう。掃除なら床のワックスでトップクラスを目指すか?ガラスで目指すか?とか色々あります。どれでトップクラスになってもトップクラスにしか見えない世界ってあると思います。僕も見てみたいな。

日本一美味しいラーメンってきっと沢山あるんだと思います。どれが本当の日本一かは別として、日本一と言われるラーメン屋さんのオーナーさんはきっと皆さん似ている何かを考えているのでは?とか想像します。

まーまーとても面白い本でした。

ただこういう考え方は嫌われやすいです。冷たいとか偉そうだとか人間味が無いとか言われやすい。

でも僕は思います。

人生は有限でいつ死ぬか分からない。出来ることは限りがあります。上手くいく可能性が低いことに時間を割くならば、出来る可能性が高いことに時間を割き、楽しく愉快に暮らすのがいいんじゃないかな?って。

Beクリーンホームページはコチラから

旭川ハウスクリーニング,旭川掃除,旭川美装,各種,消臭,除菌,防カビ,臭気調査,カビ調査など専門的な作業も得意です。

換気扇掃除、換気扇クリーニング、エアコンクリーニング、エアコン分解クリーニング、お風呂掃除、灯油消臭、火災消臭、火事消臭、ペット消臭、タバコ消臭、芳香剤消臭、VOC除去、などなど住まいの掃除から空気空間のお掃除など、ハウスクリーニングからビルメンテナンスまで幅広い守備範囲が自慢です。

ご連絡は info@be-clean.net

LINEも便利ですhttps://lin.ee/E6CIEw1

友だち追加

Beクリーンのネットショップ

https://beclean.thebase.in/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。