歯医者さんの床ワックス作業

投稿者:

歯医者さんの床掃除してきました

お掃除研究室の仲間の、そうじん山口さんのブログが「ハウスクリーニング ブログ」ってキーワードで1番上に出てくるそうです。2番目は同じくお掃除研究室の仲間のryoさんのブログ

すごいな~。

Beクリーンのブログなんてからっきしです。

まー僕はお客さん向けというよりは同業者さん向けに書いてる部分が大きいので毎日の訪問者とかはそれほど多くないですし、仕方ないか。

今日のブログネタは下の写真。

ワックス掛け マット
ワックス掛け マット

これ。

バスマット。

作業空間の区切りに敷いておくと、ポリッシャーのタイヤとか靴底の水分を吸ってくれます。

便利。

ワックス掛け マット
ワックス掛け マット

取引のある銀行さんでくれたノベルティ?です。

自宅は同じく頂き物の珪藻土バスマットを使っているので、布製は出番なくて「捨てるのももったいないしな~」って思っていて、現場で使うと何かと便利でビッチリ愛用するようになりました。

ありがとう銀行さん。

ナノテックシステムで施工すると、通常の床清掃ほど「洗剤着いた靴で関係ないところ歩くと靴の跡が着いちゃう」とか気にしなくても靴の跡なんて付かないんですけど、まー濡れるのは濡れますから、水分対策でってことで便利ですよ。

マットも裏がブツブツのゴムタイプじゃないから変な跡付かないし。

工夫の積み重ねが効率化に繋がる

カッコいいこと言いました(笑)

本当に些細な工夫でも、間違っていない工夫であれば効率化に繋がると思います。

マットを敷くことで、作業後に濡れたところを拭かなくていいですから効率化に繋がります。

バフ 床
バフ 床

バーニッシャーでバーニッシュ仕上げの現場です。

僕のMRバーニッシャーは1000回転と2000回転が切り替えられるタイプのマシンです。

トルクも太いので光沢が上がりやすいです。

先日研究室で「光沢復元剤の使い方」ってトピックがありました。

僕は「そんなやり方あるの!!」って驚きの方法を教えてもらえたのでラッキーでした。

やはり全国の達人集団。お掃除研究室(笑)

バフと言っても色々ある

バフ処理、バーニッシュ処理。違いは調べてください。

そもそも違うのか??調べてください。。

僕は勝手に自分の中で使い分けてるんですけど、バフとかバーニッシュって光沢を復元する以外にも、皮膜を硬化させるとか、滑りにくくするとか、ちょっとした粗を消し込む、トップコートとか、捨て皮膜の密着を向上させるとか、色々な使い方があるように思っています。

今日のは光沢を上げるための処理でした。

光沢を上げるのも使うパッドの種類や、ウエットでやるのか、ドライでやるのか、セミドライでやるのか?高速でやるのか?低速でやるのか?でかなり結果が違うと思いますし。

と書いてるうちにチーム名古屋のリーダー竹内さんから電話がありました。

何書こうとしたか忘れました(笑)

間違いないのは竹内さんに「早くホームページ作ってくださいよ」ってお願いしました!

あの技術を世の中に出さないのは勿体ないよね。って思います。

Beクリーンホームページはコチラから

旭川ハウスクリーニング,旭川掃除,旭川美装,各種,消臭,除菌,防カビ,臭気調査,カビ調査など専門的な作業も得意です。

換気扇掃除、換気扇クリーニング、エアコンクリーニング、エアコン分解クリーニング、お風呂掃除、灯油消臭、火災消臭、火事消臭、ペット消臭、タバコ消臭、芳香剤消臭、VOC除去、などなど住まいの掃除から空気空間のお掃除など、ハウスクリーニングからビルメンテナンスまで幅広い守備範囲が自慢です。

ご連絡は info@be-clean.net

LINEも便利ですhttps://lin.ee/E6CIEw1

友だち追加

Beクリーンのネットショップ

https://beclean.thebase.in/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。