iPad Pro

iPad Pro 12.9インチ

投稿者:

時代はDXですから

DX時代とか企業のDX化とか色々なところでDX,DXって目にしますよね。

DXとは何か?

そんなの知ってるよ。って人が大半でしょうけどグーグルで検索すると「このサイトが分かりやすかったです」。勝手にリンク張りますがすみません。

僕たちみたいな現場で実際に作業してナンボの掃除屋さんでDXなんて関係あるの?とか達成できるの?って疑問は多いと思います。今はやりのテレワークだって僕たちみたいな作業着組にはまったく当てはまらない働き方です。

家でパソコン作業をしてもお客さんの家のトイレがピカピカになりませんからね(笑)

それでも僕は掃除屋さんでもDXとかは積極的に進めるべきだと思っています。

そんなわけでBeクリーンは結構前から社内のIT化ってのは進んでいるほうだと思います。

書類関係の電子化なんかは10年以上前から理解のあるお客さん限定でしたが行っていましたし。

僕はスマホはandroidでXperiaです

パソコンはウインドウズ、スマホはXperiaなのでiPad Proは互換性の面で不便かな?って思いましたが、実際に使ってるとそんなに不便なこと無いですね。

以前使っていたiPad Proは確か2017年モデルの10.5インチのモデルです。先日取り換えたのが去年のモデル?の12.9インチってやつ。

デカいです。

iPad Pro
iPad Pro

iPad Proじゃなきゃ出来ないこと。ってのが何なのか分かりませんけど、息子が持ってるiPad Airよりは僕のProの方が使いやすい気がしています。

何に使ってるの?

何に使ってるか?って聞かれると大したことに使ってないんですが、掃除屋さんでもiPadは便利だと思うので参考になればと思い僕の使い方一例を。

・現調時のメモ

(僕はマイクロソフトのonenoteってアプリをスマホとパソコンとiPadと連動させているので、これにアップルペンシルでひたすらメモしていきます。面積、施工箇所などなど撮った写真もすぐに差し込めるのでものすごく便利です)

(内装やリフォームが絡む美装の一番最初の打ち合わせの時も写真を撮って「ここ美装じゃ無理だからクロス張り替えてね」とか「洗面は交換しなくても美装で行けるよ」とか写真に書き込んで業者さんのグループlineにすぐに共有できるとかも便利です。このやり取りを元請けさんも見ていて「その内容でGOです!」みたいに打合せのスピードがすごく早くなります)

・図面を見る

(現調時に図面がある場合はiPadで図面を開いて打合せ内容を書き込んでいきます。これも便利。改修現場だと「ここまで既存」とか「ここだけワックス」「ここは触らない」とか細かな打ち合わせありますから図面に書き込めるのは楽です。また建築図面ってだいたいA3サイズで送られてくるので印刷するとデカくて使いにくい。A4に縮小だと図面の文字が読めないとかありますので、デジタルデータだと拡大縮小自由です)

(書き込んだ図面をお客さんに送って「ここはしていないけどどうします?」とか「見積もりに参考価格だけ書いといてよ!」とか指示が来たりとこちらもスピード感がすごく上がります)

・営業時の資料代わりに

(チラシやパンフレットを渡すのもいいですが、お客さんとお話しできる環境ならiPadで資料を見てもらいながら僕は話します。チラシなどはすぐに捨てられたり、思い出してもらっても内容が限定されているチラシだと「頼みたい部分は範囲じゃないのか?」とお客さんの気持ちにブレーキかかりやすいのかな?って思っています。画面で見てもらって話をした場合だと「そういえば前にBeクリーンとこんな感じの話したっけ?」と漠然と思い出してもらえてとりあえず電話貰える率が上がるような気がしています。電話をもらってお客さんの困りごとを聞ければ「なんとかします!」って言いやすいと思うんです)

・スケジュール管理

(これもスマホ、パソコン、iPadすべて連動ですが、電話を耳に当てて話しているとスマホでスケジュールアプリが見れない。スピーカーで話したいが周りがガチャガチャうるさくてスピーカーで会話しにくい。って時にiPadがあるとすぐにスケジュールが確認できます)

・出張時の書類作成

(僕は1週間2週間とか出張で出っぱなしのこともあるので、お客さんに送らなきゃいけない書類の作成もiPadで可能です。昔はノートパソコンを出張に持ち込んでましたが、やっぱり重いですよ。。会社のデータもだいたいはクラウドを利用しているのでiPadでアクセスできますし、出張先で不便なのは印刷とファックスくらいじゃないでしょうか)

・ZOOMでの会議

(これもパソコンだと外付けカメラとかマイクとか必要なこともありますが、iPadだとこれだけで対応できます。良くないんですが、どうでもいい議題の時はパソコンが空いてるので会議中にパソコンで他の事出来ますし、スマホも空いてるから電話が来ても出れますし。)

・消臭とか除菌とかのシュミレーションに

(僕は消臭とか除菌とかは「だいたいこれくらいかな?」って感覚で施工じゃなくて「この面積でこの種類の臭いならオゾン〇ppmでとか、CT値いくらでとか、こういうケースなら臭いはどれくらい拡散するとか」全部計算なりシュミレーションして施工します。これも昔はパソコン必須でしたがiPadで対応可能なので便利です。すんごく楽ちんです・)

・スネークカメラをつないで

(Amazonの安い排管用カメラもiPadにつないで工夫すると洗管ホースと同じ長さまで管内に送り込めて、内部の撮影が可能です。これもすごく便利。iPad汚れるけどね、、、)

・簡単な動画の編集

・写真の編集

などなどですかね。他にも色々使えるんですけど書き出すときりがないですね。

今までのやり方で困ってない

掃除屋さんで結構多いですけど「今までのやり方で困ってない」っていう人。

ナノテックシステムを薦めても「今までのやり方で困ってないし、十分キレイに出来てるし」とか、アプリでスケジュール管理便利だよと薦めても「カレンダーに書き込むので困ってない」とか。

困ってなくても導入すれば効率があがることが間違いなく明確なことにもアレルギー反応みたいに軽嫌いする人多いんですよね。

この辺りは個人個人の考え方の違いなので強制はしないですけどね。

僕も僕の親父も「新しいものは便利でしょ?」って気楽に考えているのでとりあえず導入してみて使えなきゃ使わなきゃいいし、使えるなら活用すればいいじゃん。って考えです。

すんごい昔にメカバンビーっていうコードレスウェットバキュームがあって当時はそこまで売れてなかったそうです。でも今はペンギンワックスのコードレスのエアスクープみたいなウェットバキュームが超人気ですよね。Beクリーンにもありますけどものすごく便利です。

メカバンビーは時代を先取りしすぎてたんでしょうね( ;∀;)バッテリーはすごく重たかったけど、ペンギンのバッテリーエアスクープよりもメカバンビーの方が吸引力は上じゃないかって未だに感じます。

当時の美装屋さんは「コード式と比べたら吸引弱いんでしょ」って感じで買わなかったみたいですね。

今ってどの業種も人手不足だったり人件費の高騰で大変だと思います。コロナもありますしね。

そんな中で創意工夫で利益率を上げるとか売り上げを増やそうと思うとやっぱり新しい技術は便利だと思います。

コードレスバキュームとコードレスポリッシャーがあれば作業員を1~2名減らせますし、スピードも上がります。

iPadで現場図面などのやり取りが出来れば「現場見に行って、会社に戻って見積もり作って、お客さんから追加があり見積もり作り直して」とか1時間2時間3時間かかっていた作業が40~50分に短縮可能です。浮いた2時間ちょっとで他の打ち合わせが出来たり、作業が出来たり。

僕たちみたいな作業着組もスティーブ・ジョブズの恩恵に与れると思うんです(笑)

Beクリーンホームページはコチラから

旭川ハウスクリーニング,旭川掃除,旭川美装,各種,消臭,除菌,防カビ,臭気調査,カビ調査など専門的な作業も得意です。

換気扇掃除、換気扇クリーニング、エアコンクリーニング、エアコン分解クリーニング、お風呂掃除、灯油消臭、火災消臭、火事消臭、ペット消臭、タバコ消臭、芳香剤消臭、VOC除去、などなど住まいの掃除から空気空間のお掃除など、ハウスクリーニングからビルメンテナンスまで幅広い守備範囲が自慢です。

ご連絡は info@be-clean.net

LINEも便利ですhttps://lin.ee/E6CIEw1

友だち追加

Beクリーンのネットショップ

https://beclean.thebase.in/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。