北海道火災消臭,火事消臭,旭川火災,火事消臭,火事の臭い

火災消臭

北海道火事消臭、北海道火災消臭、旭川火災消臭、旭川火事消臭はBeクリーンへ

このページはBeクリーンの火事消臭のページです。

 

火災が起きてしまうと火災特有の焦げ臭いにおいや煤の臭いにより、今まで通りの暮らしが出来なくなります。
全焼なら解体、ボヤなら燃えた部分をリフォームすれば見た目は問題なく解決しますが、火災のより発生した臭いはきちんと消臭を
行わなければ消えないことが殆どです。
リフォームが終わったが、どこかから火事の臭いがする。というトラブルは非常に多いです。

 

また、臭いが消えたとしても火事の現場で怖いのはダイオキシンです。ダイオキシンは臭いがありません。これを完全に除去しなければ
臭いが消えリフォームが終わっても、健康被害が発生する原因になります。

 

火事の現場を消臭、リフォームし原状回復が終了。数年後にそこを使う人々が原因不明の体調不良を訴える。調査の結果火災発生時の対策が
適切でなかったことが原因のダイオキシンによる体調不良であった。

 

健康被害が現れた人は、当時の施工会社を相手に訴訟を起こす

 

もしご自分の会社にこんな事が起こったらどうでしょう?こういうケースは簡単に億のお金が要求されるケースが多いそうです。

 

消臭だけではなくダイオキシン対策まできちんとできる消臭業者を選ぶことが重要だと思います

 

Beクリーンもそうですが、ダイオキシンまで気にしての消臭施工を行う会社の施工代金は安くありません。一般的な火災消臭の価格よりも高い
設定になっています。
それは消臭だけではなく、その後の健康面も考慮した施工を行うからです。その為の各種化学物質調査代金まで含まれているからです。

 

 

 

火事、火災消臭価格 要見積 (条件により現場ごとに違います、現地お見積りが必須です)

 

旭川市から遠い地域(大体片道100キロ以上)でのお見積りはお見積り現場調査料金として ¥20,000-(税込)距離によっては最大 \35,000-(税込)を頂戴致します。

 

遠方時のお見積り代金はその場で即現金でのお支払いをお願いします。

 

お見積り後に施工のご契約を頂けた場合のみ、代金は返金致します。

 

Beクリーンでは道営住宅や市営住宅など役所からのご依頼や、ゼネコンなど大手からのご依頼も多く、大規模な現場から小規模なボヤまで幅広く作業を
行っています。

 

大手や役所になるほど作業完了後の検査はハードルが高く、これらをノークレームで納めてきていることが信頼の証拠になると思います。

 

火事消臭

 

新築マンション建設中に起きた火災現場です。

 

LGS工事中に断熱材に引火、瞬く間に燃え移りマンション全てが燃えたとのことです。

 

火災消臭

 

煤の除去は基本的にすべて手作業で行います。

 

火事の臭い

 

高性能ハイスペックなオゾン発生装置を複数台保有しているので、大規模な現場にも対応可能です。

 

また、自社である程度の化学物質濃度の検査が行えるため作業の途中途中で臭いだけにとどまらず
化学物質の濃度を測定しながら作業を進められます。

 

ボヤの臭い

 

自撮りです(笑)

 

北海道は本州と違い冬の寒さが桁違いです。基本的にオゾンは寒いと効果が出ません。火災現場では断熱材なども
取り除かれていることが多く、室内は外よりも寒いことが多いです。

 

本州の消臭システムでは北海道の冬の消臭は不可能です。

 

北海道独自のシステムを確立しているBeクリーンでしたら季節に関係なく施工が可能です。

 

トップへ戻る