旭川市の一般住宅でフローリングワックスの剥離を行った現場です

 

フローリングワックス剥離 フローリングワックス剥離 フローリングワックス剥離

 

この様にフローリングがあちこち黒ずんだりまだらになっている場合はだいたいワックスがダメージを受けている場合が多いです。

 

ワックスはポリマーという膜を形成するための部品(イメージです)同士の結合で塗って乾くとフィルム状の塗膜を形成します。このポリマーを繋ぎとめる役割の架橋というものがあります。架橋が外れるとポリマー同士の結合は解けてしまい、ワックスは塗膜を維持できなくなります。

 

黒ずみの原因はこの架橋がダメージを受けることでワックスの塗膜が維持できなくなり塗膜に汚れが抱き込むなどが考えられます。

 

こういう場合は洗浄だけでは汚れが落とせない為、ワックス剥離(いちどワックスを全て剥がしてリセットする作業)を行う必要があります。

 

床の種類によっては剥離が出来ない場合もあります。その場合でも出来る範囲で最大限の結果が出せるようにご提案させて頂きます。

 

剥離後は

 

フローリングワックスフローリングワックス フローリングワックス

 

こんな感じでスッキリきれいに戻ります。

 

このフローリングは直貼りと言い歩くとフカフカするフローリングでした。
直貼りの場合はフローリングの下にクッションの為のスポンジみたいなものが張り付いていて一般的な剥離を行うとスポンジが剥離剤を吸い込んでしまいフローリングが剥がれたりの原因になります。
フローリングのワックス剥離作業はやりたがらない業者さんもいるほど、難しい作業になりますが、直貼りフローリングはさらに難しい施工になります。

 

 

トップへ戻る