新築住宅の原因不明の異臭

投稿者:

新築の家なのにワキガの臭いがする

新築住宅って新築特有の「新築の匂い」ってしますよね。

それが家に入った途端に変な臭いがしたら嫌ですよね。

今回は苫小牧市で新築住宅の異臭対策で作業を行っています。今年は何故か苫小牧での仕事がとても多いです。なんでだろう?

数ヶ月前に「臭気調査」ということでこのお家には伺がっておりにおいの原因は判明していました。施工した建築屋さんや各建材メーカーさんも匂いを感じ取れる人と感じ取れない人で分かれました。臭いを感じない人の方が多かったみたいですが。

すんごくわかりやすく言うと「ワキガの臭い」ってイメージでしょうか?苦い鉛筆の芯みたいな?鉄みたいな?そんな臭いです。

どうしてそんな臭いが発生するの?

今回は「樹脂の紫外線劣化」による臭い。ってことが原因なんですが、これは不思議なもので新築に限らず古い家でも出るときは出ますし、そもそも匂いなんて発生しないケースのほうが多いんですけど、発生しちゃうと嫌な臭いが家中に充満します。

樹脂に含まれる可塑剤が紫外線で加水分解して云々。ってことらしいですけど、難しい説明はGoogleで調べると色々出てきますね。

数年前に旭川で同様のケースで施工したときはシーリングライトのカバーと照明のスイッチプレートの中側が原因でした。2LDKのお部屋で一部屋だけ臭いという状況でしたね。

その時は壁紙にまで臭いが染み付いてしまっており壁紙も張り替えて脱臭作業を行い臭いの元に特殊な対策を施し臭いの再発を防止して終了でした。数年経つけど今のところ再発はしていないみたいです。

最近だと子供向けのおもちゃでも新品なのに樹脂の劣化の臭いがひどい製品多いですね。うちの娘が使ってるおままごとセットのお米型のプラスチックとか牛とか猫とかの形した樹脂のお風呂用の人形とか「ワキガ」みたいな臭いがします。

臭いは比較的簡単に消せる

この臭いは比較的簡単に消すことは可能です。ただ再発させないのが難しいと思います。だって臭いを発する製品はそこにあるんだもん。

臭いの発生源に塗料などでコーティングする系の消臭だと難しいですよね。例えばシーリングライトが臭いとかだと交換すればいいんですけど、そのまま使う場合はコーティング出来ませんし。塗料なんて塗れないですしね。

臭いの原因がカルボン酸ってネットでは書いてあることが多いですけど、これだと「じゃーアルカリで処理すればいいの?」って思う人もいると思います、一時的に臭いは消えるけどまた再発しちゃうんですね。樹脂の表面ではなくて可塑剤の紫外線劣化ですからそもそも製品そのものからずーっと臭いが出続けるんですからね。

新築のニオイ
脱臭作業

樹脂の劣化の臭いの場合はオゾンも使うけど、それ以上に消臭剤の選定が大切なのかな?って思います。

そして問題の建材に対して再発防止対策で何を行うのがいいのか?ってのも大切ですね。

今回僕が施工した再発防止対策は、対象の建材を扱うメーカーさんがわざわざ見に来てくれましたが新品との違いを全く見分けられていませんでした。

偉そうに書きましたが(笑)いつもの頼れる仲間の「お掃除研究室」の皆さんに「こう言うことしたいんだけど、何かナイスな製品知りません?」って相談したんですけどね(笑)

もちろんメーカーさんは僕の意図した使い方なんて想定してないんですけど、多分これなら使えるだろう。と考えました。

数年前の施工では違うものを使いましたが、やや難点があり「改善しなきゃな〜」と課題でしたので。

ちなみに写真にチラッと写っているイヤホンのケース。これすごくいいです。ゼンハイザーのこの前発売したばかりのMOMENTUM True Wireless 3ってやつなんです。イヤホンとかヘッドホンが好きで10種類くらい持っているんですが、今回のゼンハイザーの製品はとっても良い音でグッドです。

難点は東京とかだと結構ブツブツ途切れることが多かった、北海道の田舎だとあまり途切れないけど、、、、風が強いと風切音がすごい。(これはソニーの製品が勝ちですね)

どーでもいい脱線ですね(笑)

今回の作業も臭いはもう既に感知できないんですけど再発が心配で経過観察しています。今のところ再発もなさそうなのでOKかな?って思いますけど、今回はお客さんの都合で誰も今日の完工に立ち会ってくれない。帰りどきが見極められない、、、いいのかな?もう帰ってもいいの?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。