エビの臭い消し

エビの汁が漏れて臭くなった

エビをビニール袋に入れて玄関に置いておいたら汁が漏れて臭くなった。って消臭をやってきました。

エビの汁消臭
エビの汁消臭

確かに臭い、、、

ネット検索でもエビの臭いとかオキアミ(釣り餌の小さなエビ)の臭いで困っている人は多いようです。

「除菌スプレーで消える」とか「ファブリーズじゃ効かなかった」「銀イオンが効く」「大量のイオンを発生されば消える」とか色々書いてあります。

僕も正直「これが効く!」って決定的な一発で消せる消臭剤は知りません。あるのかな?

でもエビの臭いって多分、酸性アルカリ性で言うならアルカリ性の臭いです。

下処理が大切

消臭を始めたばかりで多いのが、消臭剤とオゾンガスを使ったけど臭いが消えない、って問題です。

消臭って難しいですから、消臭剤とオゾンだけじゃ臭いが消えることは少ないと思います。消えたと思っても戻ってくるとか、そもそもの嗅覚の問題で臭いを感知できていないとか。オゾンガスは嗅覚をマヒさせますから、それで臭いを感じられないとか。

「消えてるのにお客さんはまだするって言うんだよね」ってケースは施工者の嗅覚が衰えているかマヒしているかが原因の場合も多いと思います。

お客さんのイメージの問題で臭いが無いのに臭いがあるように感じる場合もありますから、一概に嗅覚だけが問題ってことではありませんけど。。

焼き肉の写真見ただけで焼き肉の味と臭いを思い出す現象に近いものが起こることは良くありますよね。

まーそんなことで消臭剤とオゾンだけでは簡単に臭いは消えなくて、下処理がとっても大切だと思います。

ここが臭いって決めつけない

今回のケースだと汁がこぼれて臭いって情報がありましたが、これだと「こぼれた場所が臭いんだよね」って思いこんでしまうと思います。

これは良くないと思います。今回は玄関に置いてあった靴の靴底も臭いが移っていましたし、玄関にあった箒も臭くなってました。

下駄箱内の靴も一足臭いが移っているものもありました。

そして玄関ドアにも臭いが付いていた。

思い込みだけで作業すると「こぼれた所処理してるのに、なんでまだ臭いあるのかな??」ってなっちゃうと思います。

こんな色々考えることがあるのも消臭の面白いところだと思います。

それにしてもホームページの作り直しが進まない。。。なかなか集中して作成する時間と環境が整いません、、、あとお掃除研究室のログをまとめる作業も途中で中断したまま、その他にも色々沢山やらなきゃいけない事ありますが、なんせ集中して作業できない。。

もっともっと集中力が欲しいなって思います。

僕はいつでもどこでもどんな環境でも集中できる人間じゃないので、自分が集中できる環境ってなかなか難しいです。もっと頑張ろうと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする