フローリングのワックス剥離

今日はフローリングのワックス剥離を行いました

フローリングワックス剥離
フローリングワックス剥離

写真がこれしかない、、、、

とってもキレイになりましたよ。お客さんも喜んでくれました。

でも写真がありません、、、

チーン、、、、

今日はいつもとちょっと違う

今日は普段とやり方変えました。何故か?アルカリイオン水が1リットルしかなかったんです。。

先日うちの在庫を全て消費して、さー新しく作ろう!!って思ったら作るための粉が無い、、、、無かったら教えてよ、、、と思うも後の祭りで粉が無きゃ生成機は運転できませんし、ふつうに剥離剤を使いました。

それでも攪拌剥離(改)で剥離です。ステン箒はやはり素晴らしいです。ステン箒とナノエッジがあれば簡単に剥離終わります。

十数畳のリビングもワックス2枚塗り迄入れても9:00~12:00で終わっちゃいます。体も楽だし。

ワックスのツヤ

今日はお客さんと打ち合わせで「ツヤはあまりなくていい」とのことでしたので、7分ツヤくらいで仕上げました。僕としては3分ツヤくらいでもいいとは思いましたが、あまりにもツヤが無いのも「ワックス掛けた!」って感じしないので、ほどほどですね。普通のワックスは10分ツヤくらいだとおもうので、比較的落ち着いた良い風合いです。

その後は僕は見積と打ち合わせとなんだかんだでさっきまでバタバタでした。

どうするか悩むな、、

今日の見積もりの現場で「う~ん??どうしよう?」って悩む現場が一つありました。施工は決まったので、そのうち入りますが「う~~~ん、、、、困った」って感じです。

僕は普段は現場を見たとたんに「あーしてこーして、これでダメならどーしてこーして」ってパッとイメージが湧いて、使う道具、必要な人数、作業に掛かる時間、金額、具体的な工程、最終的な仕上がり、途中起こるかもしれないトラブルなどなど、とっても具体的にイメージが湧くんです。これがかなりの精度でその通りにピッタリ当たります。外れることなんてほぼありません。

なのに、それが今日は一つも湧いてこない、、、、

難しいわけではないんですが、イメージが湧かないのは自分としては1年に1回有るか無いか?明確なイメージが無いのに手を出すのは危険なので、施工までに完全なイメージになるように脳内シュミレーションを繰り返さなきゃいけないな、ってちょっと危機感を感じています。こういう時は大体失敗します。

うちの奥さんには「この現場の何処を見て、自信満々に出来ます!って言い切れるの??」っていつも突っ込まれますが(笑)今日の現場は自信が無い、、、

どーしよ?

こういうときは大師兄に相談だい!って思って電話してみました。

「フムフム、なるほどね」と納得したけどイメージが湧かない(笑)

でも大丈夫。僕はプレッシャーが心地いいタイプですから、こういう緊張感が時々ないとダメになります(笑) きっと簡単にスルッとスパッと解決できるだろう、っていう現場イメージはわかないけど上手くいったイメージだけは出来たので良しとしましょう(笑)

あなたがたの会った試練はみな人の知らないようなものではありません。神は真実な方ですから、あなたがたを耐えることのできないような試練に会わせるようなことはなさいません。むしろ、耐えることのできるように、試練とともに、脱出の道も備えてくださいます。

コリント人への手紙 第一10章13節

と聖書にも書いてあります。

僕はキリスト教徒じゃないです。でも聖書は良いこと書いてるな~っていつも思います。通っていた大学がキリスト教系の大学だったので、強制的に聖書の単位は取らなきゃダメだったってだけです。

どちらかというと仏教とか密教の方が興味があるんです。お経も何冊か持っているし、素敵な護符も持っているし。魔除けの塩みたいなものもお寺からもらったり。親父はお坊さんみたいな髪型だし(笑)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする