住宅の防カビ

  • カビを防止する作業
  • どうしてカビるの?
  • カビを拭けばいいの?

カビを防止する作業

カビやすい場所をカビにくい状態にする作業を防カビとか言います。

下駄箱の中だけカビが生えるとか、キッチンの収納の中がカビて来る、納戸とかムロがカビる、押し入れの中がカビる。

結構カビが生える所って多くて困ります。

どうしてカビるの?

そもそもなぜカビが生えるのか?これは色々な条件があるので一概にこれだ!!って言えませんけど、僕があちこちで現場を経験して感じるのは次のような理由が多いですね。

①そもそも建物に問題がある

 建物の断熱など結露しやすい状態とか、吸気と排気のバランスが悪い家、床下に湿度がこもりやすい家、などなど建物の問題。

②清掃が足りない

 これが結構多いです。やっぱりゴミやホコリが多いとそれが原因でカビは発生します。きちんと清掃を行うことでカビはかなり抑制可能です。

③加湿のし過ぎ

 加湿器を複数台設置している、洗濯物が沢山干してある、お風呂の後換気しない、料理の時に換気扇を使わないなどなど。

他にも理由はありますが、一般家庭で多いのは上記3つが多いと感じます。

カビを拭けばいいの?

 簡単なのは目に見えるカビを拭いて取っちゃうことです。

でも厳密に言うと拭いてもカビ菌は無くなりません。カビキラーなどの次亜塩素を使用してもカビ菌は死にません。カビ菌を殺したいと思えば殺カビという処理が必要になります。

殺カビはちょっと専門的な薬剤や道具が無ければご家庭で行うのは難しいと思います。

 防カビは殺カビ後に行うのが理想的で、カビの発生を抑制する処理です。僕の自宅も洗濯物を干している部屋がカビたことがありますが、殺カビ防カビでその後カビは発生していません。

カビ処理
カビ処理

写真は住宅床下のカビ処理中の一コマです。

最近では新型コロナウイルスの影響で除菌とか消毒とかよく聞きますが、Beクリーンでは何年も前から除菌、消毒、消臭など行っていました。

そして衛生管理に必要な国家資格や国際資格の有資格者が在籍しています。(僕のことなんですけどね(笑))

ノウハウと実績と知識の量が違う!って思っています。(自分で勝手に思っているだけです。。。)

冗談はほどほどに、実際この1~2か月の間で、北海道でも最大手の部類のお掃除屋さんや衛生管理の専門職の方、他にも日本全国の方々(これ大袈裟じゃなくて本当ですよ)から「除菌について教えてほしい」とか「ノウハウが無いから提供してほしい」、「道具をそろえたいけど何を買えばいい?」「メーカーは新規客に売ってくれないので、紹介してくれないか?」などなど様々なご相談が殺到しています。ノート持参で来る方もいますし、僕の作ったデータを求める人もいます。

それくらい世の中では除菌や消毒、消臭は必要な作業になっています。

僕の理論的には消臭を本気で突き詰めると、除菌や消毒、防カビ、殺カビ、衛生管理は絶対に避けては通れない分野となると思っています。

僕が優れているわけではなくて僕は人よりも早くからこの分野に真剣に取り組み、金額で言うなら500万円を余裕で超える額の投資を行いました。その結果が今出ているということです。

旭川近辺の方はどうでしょう?僕意外と防カビや除菌得意です。困ったらメールまってます!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ツチダ・来栖ティーナ より:

    アルカリ水をスーパーで買える。値段安い[海から来る]
    重曹[baking soda; bicarbonate of soda]も買える。強い環境に悪い洗剤ではなくて、普通のは何回も使ったら効くでしょう。
    暖かい方ではなくて、冷たい方にセットした[HAIR]ドライヤーを使ったらどう?黒いカビは(いろいろな色になる)暑い時増える。空気で死ぬそうです。

    • be-clean より:

      コメントありがとうございます!
      強い洗剤は極力使わずに優しい洗剤で解決できるような技術を磨きたいと思います。