お掃除研究室

お掃除研究室

先日立ち上げたお掃除研究室が盛り上がっています。

ついていくのがやっとのスピードで皆さんマニアックで為になる情報交換が活発に行われています。

いいことだな~って思います。

お掃除研究室の紹介の為のページも作りました。

https://dsukekato.wixsite.com/osoujikennkyuushitu

Wixって無料のホームページ作成サービスを使ってみたかったってのが最大の理由です(笑)

お昼休みの1時間で作ったグチャグチャなサイトですが、このページ上でお掃除研究室は活動を行っていないので、良しとします。

そんなもの必要か?

別に現状の仕事でご飯は食べられているし、困ってもいない。

自分の年齢になって今更新しい取り組みなんて必要ない。

忙しくてそんなものかまってられない。

自分は長年の経験があり十分上手だ。

技術の向上なんてどうでもいいから仕事を回してくれ。

メーカーや問屋さんからの情報だけで十分だ。

困った現場があれば問屋さんに聞けば解決できる洗剤を届けてくれる。

等など様々な理由で勉強とか新しい考え方、新しい資機材への興味ってない人が多い印象です。(特に清掃業界は)

僕の周りもこういう方はとても多く、別にこういう方々が悪いわけでもないし、向上心が無い!って批判するつもりもありません。

僕はどうせ一生の大半を仕事をして過ごすなら楽しく仕事をしたい。って思います。また、どうせ仕事をするなら余裕をもって仕事をしたいとも思います。

そんなことで僕は楽しくゆとりをもって仕事をするには知識や技術は不可欠だと思うし、毎年進化し続ける建築建材や清掃資機材など理解していなければ勝負が出来ないことが多いのかな?って思います。

具体的には何をしているの?

今の所はグループチャットで会員間で様々な話題で議論したり質問したりしているだけです。

時機を見て次のアクションやその次のアクションも考えています。

面白いメーカーさんや技術者の人に講義を行ってもらい、それをビデオ撮影して、グループチャットに載せるとかも面白いと考えています。

なんせメンバーは日本全国あちこちにいますから、全員が同じ場所に同じ時間に集まるのは不可能だと思います。いつでも見られるビデオなら会員皆さんが時間のある時に見られるし、有益だと思います。

他にもいろいろネタと仕掛けは考えています。ただのグループチャットで終わらせないようにしようと思います。

僕も全国の仲間についていけるようにもっともっと勉強しようという意欲もわきますし、面白いなって思います。

時には厳しい話題もでますけど、そういうのも愛のムチかな?って思いますね。やっぱりもの凄く競争が厳しい地域の掃除屋さんと、比較的穏やかな地域の掃除屋さんとでは戦略の立て方もストイックさが違いますから、考え方のギャップってあると思います。でもこういうのも自分の身近な人たちと接しているだけでは感じられない生々しい経験だと思いますし、素敵な厳しさだと思います。

僕は中途半端な優しさほど人間をダメにするものはないと思っていますので、厳しい人は本当は優しいんだと思いますけどね。

地域柄の違いによる求められるサービスの違いとか、専門の違いによるサービスの違いとか色々自分と違う部分を感じられるのも研究室の面白いところだと思います。

興味のある方は是非ご検討ください。

でも、自分が一番じゃなきゃ嫌な人とか、自分は全部知っていてお前は全部知らないだろ、って感じの王様みたいな人は申請を却下します(笑)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 星野 英彦 より:

    こんにちわ。メンバーの方々を見せていただきましたが、みなさん凄いメンバーで逃げ出したくなります(笑)ハイレベルな話してるんだろうな?と思うと緊張します。繁忙期が終わりいろいろ勉強できるかな?と思っていたら仕事がきれず確定申告する暇も勉強する暇もないです。beクリーン様の邪魔にならなければご挨拶やお手伝いさせていただきながら(図々しいですが)勉強させていただきたいと勝手に思ってましたが、コロナの影響でそれどこじゃないですね。いつか直接ご挨拶させていただけると光栄です。

    • be-clean より:

      こんにちわ。お掃除研究室は皆さん意欲的に勉強されている方が多くて刺激的です。
      わざわざ北海道まで来ていただくのも申し訳ありませんので、クリーンエキスポなど皆さんが集まり、来るだけでも非常に有益なタイミングでお会いできればいいかな?と思います。
      うちの会社に来て下さる方はとても多いですけど、なんだか毎度毎度「こんな田舎まで申し訳ないです」って気持ちになります(笑)

  2. 星野 英彦 より:

    こんばんわ。うれしいお言葉ありがとうございます。コロナの件で北海道も大変かと思います。早く平和で安全な日常がもどるのを祈る毎日です。