床下のカビ処理

床下にカビが生えた

新築住宅の床下がカビたので処理してほしいとのご依頼です。

床下 カビ
床下 カビ
床下 カビ
床下 カビ
床下 カビ
床下 カビ

黒っぽい奴とか白い綿っぽいのとか全部カビです。

なぜカビる?

これは絶対とは言えませんけど、北海道だと冬に基礎工事をした家とか、基礎だけ冬を越した建物とか、基礎が雪に埋もれた家はこういう現象が起きやすいです。あと、冬を超えた家だとコンクリートが完璧に硬化せずに粉を吹いたみたいに、真っ白になることもあります。

完璧にコンクリートが乾燥するには相当な日数が必要ですが、乾く前にだいたい床を貼っていっちゃいます。

高気密高断熱住宅は床下に通気口が無い場合が多いので、こもった湿気が逃げる場所が無くなり、カビが発生しやすいです。コンクリートの白華はまた別の理由ですね。

全部の家がカビるわけではないので、冬に基礎工事を行うのがダメだというわけではないですよ。ただ比較的カビるケースが多いというだけです。

どういう対策をするの?

大体の場合はきちんとカビを処理した後に、住宅の換気装置が正常に動き、温まれば止まります。

換気装置や暖房が止まると再発する場合もありますが、それは住宅の欠陥ですね。

僕が行う処理は、床下の掃除機掛け(ゴミが多いとカビが増えやすいです。木くずなどに湿気が溜まりやすいですし)、殺カビ(カビ菌を殺してしまいます)、もう一度殺カビ、防カビ、防腐、必要なら抗菌コートを処理します。

殺カビにはオゾンも使いますが、薬剤も塗布したり噴霧したり色々使います。カビの黒ずみを消すのに過酸化水素を使ったりもします。塗るのが面倒なので、噴霧器で過酸化水素を吹きかけるんですが、これが地獄です(笑)

涙は止まらないし、鼻水は止まらないし、顔中ピリピリピリピリ痛いです。

カビが無くなったかはどう判断するの?

これはオプションですが、床下空間のカビ菌を採取し、作業前後で菌数の比較が可能です。

でも大体の人は「そこまで要らないわ、、、」って言いますね(笑)

きちんと処理すればカビは消えますから、不要と言えば不要なんです。ただ僕が楽しいので、勝手に採取して勝手に比較して楽しんでいます。

除菌の仕事が流行ってます

新型コロナウイルスが大流行で毎日毎日「除菌剤在庫あります」とか「除菌の仕事はお任せください」とかそんな宣伝を見かけるようになりました。

商売なので稼いでなんぼですから、いいんですけど、中にはどう見ても「あんた出来ないでしょ」って人も多い印象です。また、次亜塩素酸水もあちこちで販売されていますが、仕組みを知っているなら自分で作ることが簡単に出来る液体です。過剰に高い価格で購入されないことをお勧めします(笑)高く売ってる人たち御免なさい(笑)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする