難易度高い

ブログを書いてない、、、

ブログ更新していませんでした。特にネタもないんです。

今時期は本当に忙しすぎて、毎日毎日バタバタバタバタです。今日は1日事務所にこもろう!って決めたので、溜まっている事務仕事などを少しづつ片付けます。

昨日は長男の卒業式でした。親だけは参加して良いよ。ということで参加しました。

うちの息子だけ一人ずーっと泣いていて、他のお母さんたちも「チナリの涙にやられたわ!」って泣いてました(笑)

難易度高い

みなさんのおかげでゴールデンウィークまで本業の?空室清掃はビッチリ忙しいんですけど、僕が担当している消臭やその他特殊作業も結構バタバタバタバタ仕事が入ってきます。

中には「う~~ん、、、、、どうしようか?」って悩むものも多く、今も「自分理論的にはこれで上手くいくはずだけど、どうかな~?」って悩んでいるものがあります。

難しい作業を考えるのが楽しいんですけど、考えすぎて訳が分からなくなりますね(笑)

先日立ち上げた「お掃除研究室」内でも難しい話題も結構飛び交っており、やはり日本中に腕のいい掃除屋さんや造詣の深い方は多いんだな。と実感しています。

ダイヤモンドプリンセス号

話題になったダイヤモンドプリンセス号の消毒作業がスタートしているみたいです。除菌剤はバイロックスを使っているそうです。

アクセルプリベンションコンセントレイトなのかハイプロックスアクセルのどちらかなのかな?と思います。ハイプロックスアクセルじゃないか?って話を多く聞くので、こちらかな?とは思っています。

CDCとWHOと厚生労働省が決めた手順で施工だそうです。

ベルフォアさんが受注して外国と日本の合同チームで作業。日本では惟村さんのリスクベネフィットがメインで作業みたいですね。ベルフォアさんは世界企業ですから納得ですね。ベルフォアさんとリスクベネフィットさんも同じ団体に所属ですから納得ですね。

めったに経験できない貴重な作業ですし、ベルフォアさんは独創的なすさまじい工法やものすごく大きな現場なども手掛けていますから、ベルフォアさんの指揮の元作業というのもすごいと思います。

うちの奥さんに「行って作業したかったでしょ?」と聞かれました(笑)やってみたかった。

特殊清掃業界は急激に拡大したせいか?清掃業界よりも派閥争いとか潰し合いみたいな競争が激しい印象です。みなさん其々声高らかに「俺が一番!」「俺はすごいんだぜ」「俺のやり方が正解だもん」みたいなニュアンスの宣伝合戦です。それはそれは厳しい業界です。今から新規参入なんて無理じゃねーか?と僕は思います。

そんなカオスな業界ですが、すごいことやってるのはすごいですし、大袈裟かもしれませんが自分も感染するかもしれないリスク、感染して死亡するかもしれない不安なんかと戦いでしょうし、世界的な基準にのっとり施工ってのは興味深いです。僕は特殊清掃業界の派閥に縛られない単なるお掃除屋さんとして世界企業ベルフォアさんの仕事を見てみたかったな。って気持ちはありますね(笑)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする