玄関マット

ビルやマンションの共用部清掃

僕たち掃除屋さんの間では、ビルやマンションなんかの共用部(主に廊下やエレベーター、エントランス、階段なんかですね)の清掃でも2種類あり、それぞれ日常清掃と定期清掃もしくは特別清掃なんて使い分けています。

・日常清掃は毎日とか週1とか月1とかの頻度で、大まかにいうなら掃き拭き清掃を行う作業です。

・定期清掃は1年に6回とか3回とか1回とかの頻度で、機械で床を洗ったりガラスをすべて拭いたりとかワックスを塗ったりとかする作業です。

今年の目標を昨年末に考えるんですけど、こういった共用部清掃の物件を5棟増やすって目標にしていました。

目標を立ててすぐに(昨年12月)に4棟増え、昨日の時点で3棟増えました。目標は達成しましたが、これじゃ向上心が無い感じなので、さらに3棟増やし10棟を今年の目標にしようと思います。

玄関マットのススメ

オーナーさんの予算などもあるので全ての物件で採用はされませんが、極力僕が話を進める物件は玄関マットを敷くことを推奨しています。

どんなに清掃で除塵しても玄関から無限に土砂が入るんなら意味がありませんし、ワックスや床も傷だらけになります。

玄関マットって色の違いとか厚みの違い以外にも様々な種類があり、能力も違います。厨房なら油を取りやすいマット、マンションなら土砂と水分を取りやすいマットとか。

まだまだたくさん種類があるんですけど、それはいずれ紹介します。

玄関マット
玄関マット
玄関マット
玄関マット

これが一枚あるだけでかなり違います。

そして大切なのが、敷きっぱなしには絶対しちゃいけない。ってことです。

最低限月に1度は下げて洗います。なので1枚敷くなら最低2枚の在庫が必要です。下げて新しいマットを敷く、その間に使用済みマットは洗う、ってサイクルです。

マットを敷きっぱなしにするとカビたり、コケが生えたり、臭くなったりします。それにマットのパイルは取り込めるゴミの最大値ってありますから、無限にゴミを取りません。

時々掃除機をかけるとか流水で濯げば大丈夫って人がいますが、絶対にこれだけじゃマットはキレイになりません。僕はマットを洗う専門の工場で働いていたことがあるので、これは断言できます。工場で洗わなきゃ絶対にキレイになりません。

どうやって洗ってるの?

マットの洗い方はそれぞれ工場で違います。大手になると、機械に載せるとブーンってマットが連れていかれてキレイにって帰ってくる。みたいなマシンもあるそうですし、専用の超デカい洗濯機で洗い、専用の人間の腕なんて引きちぎれるくらいの強さの脱水機で脱水、凄まじい暑さになる乾燥室で乾燥、さらに取り切れてないゴミを取り除くとか、色々色々方法はありますね。

「ホームセンターで売っているマットで十分です」って言っている掃除屋さんがありますが、僕は疑問です。「マット何千枚も洗ったことある?」って思います。僕は洗いました(笑)だから分かる。マットは素人じゃ絶対きれいに洗えない。こりゃ間違いない。

じゃーお前はどうやって洗ってるんだよ?

僕がどうマットを洗ってるか?そりゃもう割り切ってお願いしてます(笑)幼稚園からの幼馴染が自社工場完備のマット屋さんの社長です。どんな機械があるかも知ってるし、幼馴染のお母さんにも何度も怒られました(笑)色々知ってます。

やっぱり専門ってありますから、掃除屋さんの持っているカーペットを洗う機械とかバキュームじゃマットは洗えません。

もしかすると滅茶苦茶すごい機械があり洗える機種もあるのかもしれない?でも僕は持ってないし、僕の経験じゃトラックマウントでも無理だったのでトラックマウントを超える性能のポータブル的な機械があるのか?ってのはなんとも分かりません。

専門家に任せるのが良い時もありますよね。

そんなわけで定期的にキレイにリセットされる玄関マットとセットの共用部清掃、どうでしょうか?是非ご検討ください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする