カビを落とす

シャワーカーテンのカビを取りました

シャワーカーテン カビ
シャワーカーテン カビ

なんかとっても分かりにくいんですけど、ポツポツポツポツ沢山カビが生えています。これをキレイにしてほしいってご依頼です。

染み抜き、カビ取りは得意な方です。

塩素系漂白剤と酸素系漂白剤

洗濯用ブリーチなんかもカビは取れますけど、塩素なので色が抜けやすいとか素材が傷みやすいとかデメリットも多いと思います。

マイクロファイバータオルなんかは塩素系の漂白剤にはとっても弱いと思います。

今回は酸素系漂白剤でカビを落としました。

酸素系漂白剤を僕は沢山使うので20キロの大袋でいつも購入しています。これだとホームセンターの小袋の価格くらいで買えちゃいます。お得。

過酸化水素も先日師匠の狐塚さんと話していましたが、僕が買っている18リットル?20リットル?の容器買いだととっても安く買えるんです。安すぎて驚きです。

シャワーカーテン カビ
シャワーカーテン カビ

真っ白になりました。シワシワですが、シワは後程伸ばします(笑)

酸素系漂白剤って効果が出てくるのが時間がかかりますし、反応が緩やかすぎて扱いにくい印象ですけど、上手に使うと色々応用が出来て便利だと思います。

濃度とか温度とか気を付けると面白いですね。

オキシクリーンのオキシ漬けなんてのも流行っていたみたいで、ネットに色々使い方が出ているんでしょうかね?

子供の衣類なんかも染みが付いたら僕は酸素系漂白剤ペーストを作ってスプーンで優しく刷り込むとか、そんな使い方もします。

スプーンじゃなくてもいいんでしょうけど、スプーンの裏の丸いところがちょうど擦り擦りしやすいんです(笑)

過酸化水素水は保存状況であっという間に劣化します。温度管理のできる業務用の冷蔵庫とか保管庫が無い限りは置いておくだけでも劣化しますから、比較的保存が簡単な酸素系漂白剤は便利かな?って思います。

Beクリーンでは過酸化水素水は専用の保管容器に詰め、専用の保管庫で温度管理を行い直射日光は遮断しています。これだと長く持ちます。

大きな容器で買いますから、保管がきちんとしていないと使っても効果が発揮されないんですね。

塩素系漂白剤はダメなの?

僕は仕事でも塩素系漂白剤ってあまり使わないんですが、塩素系は効果も早いし効き目もあるので便利です。仕事で使っているのはRJ8という業務用のブリーチみたいなのを使います。

以前はニイタカのバスクール?だったかな?大きい缶に入った漂白剤を使ってましたが、臭いがきつすぎて嫌だったのでRJ8に変更しました。これは比較的臭いも少なく良いと思います。

RJ8

スパルタンケミカルって会社の洗剤みたいです。スパルタンケミカルの洗剤は結構便利なものが多く面白いなと思います。

トイレ洗剤のバイオボウルなんかは使うごとに汚れにくくなると思います。トイレ洗剤の中では相当優秀な部類に入るんじゃないかと思います。

ナバックとかピロキシーも便利だと感じています。

塩素系漂白剤は単純に「カビを取る」とかにはすごくいいと思うし、早いし便利です。

シップして使う人もいますよね。僕はシップよりは増粘して垂れなくして塗りっぱなしが多いです。

でも染みを抜くとかの染み抜きだけを考えると塩素系よりも酸素系のほうが便利かな?って個人的に感じています。

これって掃除屋さんでも大きく分かれると思うんですけど、強くてキツイ洗剤でサクッとスパッと洗いきる人と、弱くて優しい洗剤でジワジワ洗う人と。

僕は師匠の受け売りで「洗剤はバランスが大切」って考え方ですので、強い洗剤はあまり使わないです。強くしたいならバランスのいい洗剤にその時必要なものをその都度足していく。って洗い方ですね。

今朝もうちの妻と水回りだけ掃除って現場に言ってましたが、キッチンの換気扇のシロッコファンを刷毛だけで洗っているのを見て「擦らないの?」って驚かれました。汚れを見て上手く調合すれば擦らなくてもいいかな?って思います。

あまりにも酷すぎる場合は僕も擦りますが、一年で本当に数回です。ほとんどは刷毛だけですね。

これ

師匠にもらった刷毛です。

これが超便利でこれが無いと僕のお掃除は困っちゃう素敵な刷毛です。

大塚刷毛プラグレってやつですかね?秋田プラグレって書いてた気がしますけど??

僕はこんなスタイルなので、チマチマ洗いたいので塩素系をあまり使わないという理由です。

チマチマ洗うからって時間がかかるわけでもなく、普通の速度で洗えます。

洗剤ってバランスだなって改めて感じましたし、面白いなって思います。

師匠にお願いしてryoさんと師匠と共同購入で新たな薬品を購入することになりました。これも楽しみだな~って思います。

あれにこれを増し増し。ってのがテーマです(笑)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする