フローリングのタイヤの跡

またタイヤ跡を消す作業

フローリング タイヤ跡
フローリング タイヤ跡

しょっちゅう施工させて頂いているタイヤ跡を消す作業です。

ワックスが塗ってある床だとワックスを削れば消えたりするんですが、今回はノーワックスフロアです。削るものが無い。

絶対消せるの?

こればかりは何とも言えず、消えないときは消えない。としか言えません。

ノーワックスフロアだと床自体にタイヤの油分とか色々なものが染み込み変色しています。こういうのはちょっと厄介かな?って感じています。

フローリング タイヤ跡
フローリング タイヤ跡

だいたい消えました。上の方が若干残りましたが、あまり攻めすぎて床がダメージうけると本末転倒ですから、とりあえずこれくらい消えれば良しとします。

染みを抜く作業は面白いなって思います。僕は染み抜きが好きですね。

すごくすごく地味な作業で、本当に地道です。。。

薬品を塗り自分以外の他の人が見ても「変わらなくない?」って時でも、自分的には「本当に若干汚れが動いた」とか感じ取りながら「これで動くなら正解か?」これであそこまで動かしてから、次はあれをこーしてとか、考えて組み立てていくのが面白い。

繁忙期ならではの仕事

繁忙期になると増えてくるのが他社さんの手直し作業です。

みんな忙しいので、雑になったり予算的に折り合いがつかずに手をかけられないとか色々な事情があるのだろうと思います。別に「汚いからダメだ!!」とか僕は言うつもりもありません。それぞれの会社の考え方です。

さっきも「クレームで再施工してもらったけど汚いから助けて!」って連絡がありました。

普段はBeクリーンで清掃している物件ですが、忙しすぎて行けないので断ったら他社さんに清掃を依頼したみたいです。

なんか申し訳ないよね。と思うので直しに行きます。

不動産屋さんや不動産オーナーさんはどんどんどんどん次から次へと空室に人を入れて満室にしたいです。それが仕事ですから頑張ります。でも僕たち清掃業者は人手不足ですから、一日に施工できる件数なんてしれてます。沢山はお掃除できません。夜まで仕事すれば良いんでしょうけど、国は働き方改革だから沢山は働かないでねって言います。

色々なことに限度がありますが、出来る限りは頑張ろうと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする