知らなかった、、、、

知らない日本語って多いですよね

最近旭川でも増えてるんですけど、貸し物置。

Beクリーンも貸し物置の清掃とか維持管理の仕事を請け負ってます。

雨漏りするから直してとか、空室出たから掃除してとか、鍵を交換してとか、写真撮ってきてとか、そんな雑用みたいな仕事です。

今日は鍵のトラブルで行ってきたんですけど、鍵を壊すことを「破鍵」(はじょう)って言うみたいです。知らなかった、、、、

みんなして破鍵破鍵っていうから「なんだよそれ?」って思って聞いてたら、どうやら鍵を壊すことを「はじょう」って言ってる様子でした(笑)

読めない字も多いですよね

今はインターネットが便利なので、ブログとかネットの記事を読んでいても読めない字をすぐに調べられるので楽です。

うちの息子なんかも読めない字があるとすぐに「スマホ貸して」みたいになりますけど、漢和辞典とか使う習慣がないんですね。こりゃどうなの?って思います。

今の時代辞典なんてなくても調べ物は出来ますけど、調べて考える習慣を身に着けるんなら辞典は良いと思うんですけどね。僕ももうすぐ39歳のオジサンですから、考えかたが古いんですかね。

僕は子供のころは辞書が好きで母が買ってくれた広辞苑をただ読むみたいなことしてましたし。漢和辞典もずーっと読んでましたけどね。

本が好きだったので図書館に毎日行ってました。まだ当麻図書館が今の場所じゃなくて、役場の1階にあったころで、司書さんに「毎日来るね」って言われて子供だったので「ダメなのかな?恥ずかしい、、、」って思って2日に1回に回数を減らしたのを覚えています(笑)

小学1年生か2年生の頃の読書感想文に選んだ本が難しくて、先生に「自分で読んでないだろ!親に読んでもらって書くのはダメだ!!」ってすごく怒られて落ち込んだのも覚えています。僕は自分で読んだのに何故疑われるのか?って子供ながらに悲しかったです。。まーどうでもいい話です。

昔は今みたいに子供一人一人の個性とか感性を尊重してくれる時代じゃなかったですし、体罰だって当たり前の時代で叩かれる殴られる怒鳴られるなんて誰も問題にもしませんでしたし。

風邪ひいても学校に行け!先生がダメって言ったら理由なんて関係ない!そんな時代でしたよ。

通ってた塾を風邪で1日休んで次の日に「昨日は休んでごめんなさい」って行ったら「1日で治るくらいの風邪で休むな馬鹿!!」って怒られたり、学校の行事やなんかで帰宅が遅く、宿題が間に合わなく出来なかったら「お前昨日寝たんだろ?寝る時間あったら宿題できただろ馬鹿!」って怒られたり、「分かりません」って答えたら「分からないんじゃなくて考えてないだけだろ!」って怒鳴られたり(笑)

無理が通れば道理が引っ込む時代です(笑)

今の時代なら「他人に風邪を移すといけないので休んでね」「学校の宿題よりもハイレベルな塾の宿題のほうが大事なんです!」「分からないなら、今日覚えて帰ろうか」みたいな幸せな時代です。

別に昔が良かったとか、今の時代は軟弱だなんて言うつもりはありませんけど、僕は僕の時代の教育や社会通念が合ってたな。って思います。

明日はエアコンの修理です

明日はエアコンの修理に行ってきます。モーターとクロスフローファンの交換です。

これ僕が悪いのか微妙なんですけど、僕が洗って1年くらいたってるんですけど、なんかゴツゴツガタガタ異音がするとのことで、みたらファンが楕円に回っているんです。

お客さん的には僕のせいみたいになってますけど、1年経ってからおかしいって僕のせいなの?とか思います。

まー僕は理不尽世代を生き抜いたオジサンなので「今までこう言うトラブルは1件もありませんけど、僕以外触ってませんから責任取りますね」っていうことで行ってきます。。。

先日は「去年の夏に掃除してもらった部屋の給水管破裂して水漏れした」って電話が来ました。さすがにそれは僕たち関係ないですから、お客さんには「そんなの手を繋いだだけの美女に『妊娠した』って言われてるのと同じだよ!さすがにそれは俺知らないよ」って伝えときました(笑)お客さんも「そーだよね、俺の子だって言えないわ、、、、」って納得してくれました(笑)親しい仲だからの冗談なんですけどね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする