セミナーのお知らせ

僕のおススメのすごい先生が旭川に来てくれます

秋田舞美先生
秋田舞美先生

Beクリーンも秋田先生にはお世話になり、色々なヒントなどを頂きました。実際に秋田先生とお話ししてからは売上も増えましたし。

僕は意外と真面目なんで(笑)セミナーなどは結構沢山受講している方だと思います。

中には正直言って「そりゃ誰でもわかることじゃないか」ってことしか言わない先生も多いと思います。

今回のセミナーはそういった俗にいう「面白くない」セミナーとは違ったものになると思いますので、是非ご検討いただけると嬉しいです。

ちなみに秋田先生はメンサの会員です。メンサってご存じない方もいると思いますが、人口上位2%のIQを持っている人たちです。

僕も詳しいわけではありませんが、メンサ会員になるにはIQが130以上必要と言われており、一般的なIQは100くらい?東大生で120くらい?130というのは相当高いのが分かりますし、130以上あり試験に合格しなければ会員にはなれませんから、頭の良さはすごいと思います。

頭がいいからすごいとはなりませんが、それでもIQの高い人の考え方に触れられる機会はかなり少ないと思いますので、そういった意味でも面白いセミナーだとは思います。

あさひかわ商工会

旭川は特殊な街で商工会議所があり青年会議所があり商工会がある街です。

商工会議所は一般的には大き目な会社が入るイメージですよね。旭川だと大きな建築屋さんとか土木屋さんとか、所謂ゼネコンって呼ばれる会社がほぼ役員を固めています。青年会議所はJCと呼ばれていて、お金持ちが多い印象でしょうか?会費や諸々の経費がとても高額です。上下関係も非常に厳しいです。

その点商工会は本当の零細、個人、中小企業がメインの団体であり、割と庶民派な団体です。

北海道ではあさひかわ商工会が一番大きな商工会になります。一応商工会は商工会法って法に基づいた組織であり、全国規模の団体ですから、あさひかわ商工会だけでなく、北海道の役員とか全国の役員とかを目指すなら、不可能ではないと思います。商工会内で役が付くと道とか全国の会議にも出席することになります。

ちなみに僕はあさひかわ商工会の中の青年部の副部長で、研修事業検討幹事会という勉強会を企画運営する部門の幹事長という立場なんです。

なので今回のセミナーも僕が「秋田先生にお願いしよう!」といって始まったものなんですね。

セミナーって意味あるの?

いくら勉強しても世の中不景気だから、、、とか色々あると思います。

大きな会社だと一生懸命選挙活動のお手伝いをすれば当選した政治家の関係で仕事が請けやすいとか、僕たち貧民には分からない大きな力が働くことで仕事が増えるみたいな構図もあるとかないとか?

でも僕たちのような中小零細企業はそんな政治的なことは仕事には一切関係なく、中小企業向けの補助金が使える!とか聞いても実際申請すると「条件に不適合」とか「そんなもの使えないじゃん!」ってものも多かったりします。

なのでやっぱり各社知恵を出して色々工夫して会社の売り上げを積み上げなきゃいけないと思います。

そんなこと考えるとセミナーなんかで沢山の考え方に触れアイデアのヒントを増やしていくのは良いことだと思っています。

世の中のスタートアップの企業でも独創的なアイデアで巨万の富を得た所は多いですし、そういう夢のある話を考えると、知識や情報は増えても荷物にはならないのかな?と思います。

そういったことで如何でしょうか?今回のセミナー?申込用紙の締切期限は過ぎていますが、僕に言ってもらえれば期限なんて関係なく申し込み出来ますので、是非是非考えてみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする