コーティングを勉強する

僕たち掃除業界では数年前からコーティングがじわじわ人気になっています。

Beクリーンでも施工は可能です。

コーティングは施工後の管理が難しく、ただただいい話ばかりを信じて施工した方はトラブルも多いのが現状です。他社さん施工のコーティングを剥がす作業とかご相談がすごく多いです。

そしてコーティングは施工前の下時処理がものすごく大切なので、下地が整わないのに施工する業者さんも増えているのが「残念」って思います。

昨日は清掃用品の会社さんではなく全く分野違いの会社さんのコーティングセミナーを受講しました。

ガラコで有名なソフト99さんの製品です。

聞く所によると北海道はまだまだ少ないそうですが、本州では某飲料メーカーの自動販売機には100%採用されていたり、JRや色々な施設店舗で導入実績は相当なものだそうです。

実際に施工も見ましたが「これは使える!」って思いました。

コーティング
コーティング

僕はこれからのお掃除屋さんにはエンターテイメント性が絶対必要って信じてるので、こういう「ちょっといいかも」くらいの商品って隠し味程度に使うべきかな?って思いました。

「なんかBeクリーンが掃除した後は汚れにくいんだよ」とか「汚れてもすぐ落ちるんだよね」とか「すべすべ」とか「光ってる」とかちょっと「なんか違うよね」ってなりやすいかと思います。

エンターテイメント性なんてものすごい派手なショービジネスみたいなイメージじゃなくて、ほんの少し心がブルって揺れるくらいでいいと思うんです(笑)

ナノテックシステムも僕の言うエンターテイメント性には必須だと思います。

Beクリーンに切り替えてから何年経っても床が黒くならない。とかちょっと感動ですよね。

今日もお客さんに「想像してたよりもすごくキレイに仕上がってビックリした」って言ってもらえました。

僕はうちの社員さんにも「キレイなのはあたりまえで、エンターテイメント性がなけりゃダメ!」ってしょっちゅういいます。

僕なりのエンターテイメント性の追求の仕方があり、それをいちいち言われてるからBeクリーンの社員さんたちは普通に掃除しても「なんかBeクリーンの方がきれいだよね」って思わせる術を身に付けていると思います。

Beクリーンはお掃除界一のエンターティナーを目指そうと思います(笑)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする