掃除だけが掃除屋さんの仕事じゃない

タイトル通りです。

掃除以外にもBeクリーンみたいな零細企業だと経理から労務も自分、見積とか積算とか打合せとか、現場調査とかぜーんぶ自分でやらなきゃいけません。

それは楽しいからいいんだけど、時々「う~ん、分からん、、、、」って見積とかにぶち当たります。

そんな時は基本に立ち返り教科書ですね。

掃除の教科書
掃除の教科書

ビルクリーニング技能士とか建築物環境衛生管理技術者(ビル管)の資格は正直言って持ってなくても掃除屋さんは出来ます。でも持ってないと出来ない仕事もあるのは現実で、持ってる人じゃないと分からないジャンルってあると思います。

どんなに技術があって腕が良くてやる気があっても持ってなきゃ出来ないこともある。

ということで皆さんに馬鹿にされがちな資格ですけど、僕はこの教科書はものすごく良く出来ていると思います。ですので未だに困ると読み直します。

それでも困り果てて、見た目と実年齢のギャップがありすぎるお兄様に相談の電話しました。お兄様はビル管資格の有無は忘れましたが、ビル管業がメインなので書類作成のノウハウはとても豊富です。

歩掛が果てしなくて見積がまとまらず悩んでいる僕には超グッドアドバイスをもらえました。助かった。

やっぱり持つべき物は仲間でして、その中でも「こういうでかい話はあの人じゃないと相談できないね」とか「技術的な事はあの人だね」とか「知り合いが多いのはあの人だね」とか考えて相談するんです。

僕も他社さんから「こんな現場請けたことないから見積すら作れない。代わりに見積書を作ってもらうこと可能かい?」って相談を受けて見積の作成だけ行うとか時々あります。

お互い助け合いですよね。

まさに今日も「まったく見当付かないから見積してほしい」って言われて資料をもらい代わりに見積もり作りましたし。

でも分からない掃除のジャンルはやっぱり分からない(笑)掃除屋さんと言っても全部のジャンルに精通している訳じゃありません。作業的な部分は問題なく出来るんですけど、作業の前の書類が難解。

「武芸百般に通じる」とか言うことありますけど、僕も「掃除百般に通じる」男になりたいな。と思う今日この頃です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする