意味あるの?

Beクリーンでは賃貸物件の入居前の室内の簡易的な除菌消臭作業も行っています。

去年?一昨年?北海道札幌市でアパマンショップが消臭スプレーで大爆発を起こした事故以来、スプレータイプや置き方では効果がないのでは?とか意味あるの?ってことで、Beクリーンのような専門業者がきちんと施工って方法にシフトしている会社さんが増えているようです。

安定化二酸化塩素とか二酸化塩素で除菌と謳っている製品でもその効果が認められなかったとか、厚生労働大臣による医薬品としての販売の許可を得ていないものが殆どとか、色々問題もあるようです。

許可があれば絶対効くのか?というとそうでもないとは思いますが、色々な機関が「効果あるの?」って結果になっているというのは見過ごせない事実かな?とは思いますけど。

まー僕は知りませんし、そんな難しい話は分かりません。

昨日の部屋はキッチンにこれが置いてあった。

消臭剤
消臭剤

いくらオゾンを発生させてもこいつが2つも置いてあると、いつまでもアロマ臭い。でもこれは撤去しちゃいけない。

消しても消してもアロマアロマアロマアロマ。です。

じゃー僕を呼ぶ必要ないじゃん、アロマでいいじゃん。とは思いましたが、まー除菌だけはしましょうか。という感じです。

オゾンは間違いなく効果がありますから、アロマの臭いがしたとしても除菌はされていますから、いいのかな?と思うことにします。

ノロウイルスが発生したので施設内全て消毒して欲しい、とか、会社内でインフルエンザが流行っているので社内全てを除菌したい、とかこんなご要望もあり施工しています。効果はあるようでリピートして下さる方もいますから、そんな時にも info@be-clean.net までメール下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする