厨房の掃除

元ラーメン屋さんの厨房掃除をしてきました。

今日もアルカリイオン電解水が大活躍でした。

厨房掃除
厨房掃除

アルカリイオン水があると厨房掃除で使う洗剤の量がものすごく減ります。

厨房掃除
厨房掃除

天井もアルカリイオン電解水に粉石鹸を混ぜたものを塗って、スクイジーで引っ張るだけでこれくらいは簡単にきれいになります。擦ったりなんて一切しなくていい。こりゃ楽だ。

そして僕が便利だな。って思うのはお湯がなくても勝負出来るって所です。

厨房掃除はお湯が必須でしたけど、アルカリイオン電解水があればお湯がなくても行けちゃう。そして壁とか天井を洗った水が床に垂れますけど、その水で床を洗うと床もキレイになる。こりゃ楽だ。

アルカリイオン電解水生成機があると純水を作る事が可能です。これも便利ですね。買わなくてもいい。

アルカリイオン水を褒めっぱなしですが、やっぱりとっても強アルカリの水ですから、使い方には気を付けなきゃいけないですよね。万能ではない。使うべきじゃない場所も多いです。

布製品なんかもアルカリイオン水は残留してもただの水なので赤ちゃんにも安心みたいな宣伝ありますけど、どうなんですかね?

ただの水になるのに結構時間掛かりますし、布製品って強アルカリで変色する事が結構ありますからね。あと使うと分かりますが、アルカリイオン水ってすごく咽ます。オッサンが咽るくらいだもん赤ちゃんはダメですよ。

赤ちゃんに安心で汚れが落ちるとなるとナノバブル水とかマイクロバブルとかファインバブルとか言われている、こっちの水じゃないの?って僕は思いますが、そんなこと声を大にして言ってるとまた嫌われるので言いませんけど(笑)

あと、僕は試してないので分からないんですが、アルカリイオン水で窓ガラスを拭くのは長期的に考えるとダメなのでは?と考えています。確かにキレイになるので良い様な感じがするんです。

ガラスの種類によりアルカリに対する反応は違うので絶対とは言えないでしょうけど、ガラスは強アルカリに弱い、ってのは一般的な考え方だと思います。アルカリ溶出ってありますから。いずれガラスが割れるのでは?って想像します。分からないけど。。。。。

pH 13.1のアルカリイオン電解水は2倍希釈でpH 12.79です。まだまだアルカリ。400倍希釈でもpH 10.49、これでやっと弱アルカリです。すごくザックリですけど400倍って10リットルの水に対して25ミリリットルのイオン水です。ちなみに中性はpH 7ですね。

あと電解水を作るのにナトリウムを使うのかカリウムを使うのかでも、使って良い場所とダメな場所が変わってきますね。これは意外と知られていない豆知識でしょうか?詳しく説明すると、、、、、なんだか難しい話題になってきました(笑)

結局僕が言いたかったのは、便利だけど気を付けて使おうね。ってことだけです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする