北海道で除菌、消臭、脱臭、防カビなら

検索した時に出てきたらいいな~って思ったタイトルです(笑)

Beクリーンはホームページもブログも全部僕の手作りですからSEO対策ってのも少しはしてるつもりだけど、全然出来てないんだと思います。

そこまで僕はパソコンが得意じゃない。ただただひたすら困ったら「ヘルプ」ボタンを押して調べながら進んでいるだけ。目をつぶってもスラスラは出来ません。

今日は朝から消臭とか防カビとか臭気調査とかそういうなんか難しそうに感じる仕事ばかりでした。

床下で排水漏れしたので防カビと除菌と消臭、灯油が漏れたので消臭、消臭がきちんと進展しているか臭気調査をして欲しいとか。

今もブログ書いてる時に「防カビお願いします」って電話きました。

僕なんて中身のないブログで評判ですから、毎回ブログを書くのに5分とか10分とかそんなもんです。その短時間の間に電話が2回も3回も鳴ると「俺何書こうとしてたかな?」って忘れます(笑)

1時間とか2時間かけてブログを書く方も多く、そういう丁寧な人のブログはきちんと段落とか見出しとか、まるで雑誌の記事のような素晴らしい完成度。

僕のは学生の作文レベルです(笑)

大学卒業時の卒業論文も異例の少ページで通過した男です(笑)

「こんなもの5分もあれば読める」、実際計ったら数十分掛かりました、みたいなそんなことどうでもいいじゃん。ものの例えだよ。って下らないやり取りが記憶に新しいですけど、僕の卒論は5分で読めるかも?(笑)

しかし他社さんの消臭の評価ってのは悩みますね。ほぼ消えてるけどかすかに臭う。別に僕のジャッジが絶対の基準って訳ではないですけど、なんかな~~って思います。

自分の現場ならこれで完工は無いよな。って思うし、施工してる人の気持ちを考えると「もうほっとけば自然になくなるんじゃないの?」ってのも分からなくも無い。お客さんも「俺はもう感じない」って言ってるし、じゃーそれでいいじゃん。とは思います。

消臭を仕事にしていてある程度ストイックに取り組んでいると毎日絶対臭いを嗅ぐ訓練ってやると思うんです。僕は毎日絶対やってます。筋トレはやらないけど、鼻トレは欠かさない。

臭いを感じる能力って普通に暮らしていれば加齢と共に衰えるのは当たり前ですし、女性より男性の方が臭いを感じにくいとも思います。

それに気が付かないで年をとっても自分は嗅覚が優れているって若い時と同じ感覚なのがすごく怖いと思います。あとは経験が多いとか資格を持ってるとかに安心して、嗅覚の衰えに気が付かないパターン。これも恐ろしい。

僕はこういうのが怖いので毎日訓練しています。

お客さんが「この臭い分かります?」と言ってきて、正直自分は全く感じないけど「はい!確かに感じます」って嘘をつくのは切ないし。

実際年配の消臭屋さんが「臭いしない」といってるが僕が行くと「鼻にピーナッツ詰まってる?」って思う現場は沢山あります。

僕なりに勝手に気を付けているのが、臭い付きの洗濯石鹸は絶対に使わない、歯磨き粉は銘柄を変えない、シャンプーの銘柄を変えない、車に芳香剤を置かない、タバコの銘柄も変えない、季節によって品質が変動するアロマオイルなどは信用しない(臭いの部分だけね)、馴染みの珈琲屋さんで味や香りが違うと感じたら「ロースト変えた?ブレンド変えた?豆良くない?産地違う?お湯ぬるかった?ネル古い?」とかとにかく自分がおかしいのか、品質のブレなのかを確認する、とかこれ以外にもすごく沢山あるんですけど、なんせ自分が原因の変化か?品質が原因の変化か?外的要因の変化か?とかとてもとても敏感に気にしています。

あと僕がよくやるのがドラッグストアで芳香剤の見本があるんですけど、それを一つづつ臭いを嗅いで、臭いを覚えて、店を一周歩いてから芳香剤売場の前を普通の速度で歩くんです。そこでさっき覚えた全てのにおいを全部識別出来るか?って練習。傍から見たら不審者ですよ(笑)

でもこれも面白い。先週大曲のジョイフルエーケーで芳香剤売場の周りを何周もしていた怪しい男は僕です(笑)間違いなく僕です。

恵庭のホーマックで同じことしてたのも僕です(笑)

高校時代の親友、一桜君は言ってた。天才と変態は紙一重だよ大ちゃん。って。僕は変態の天才をクリアしてから消臭の天才を目指したいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする