新商品を試してみよう

僕の新しい物好きは親しい人は良く知っていて、新製品で気になるものがあると「もう使った?」としょっちゅう電話がきます(笑)さすがに全ては使えない。。

今回はエアコン洗い用の新製品。

グランバイオ エアクリーナー
グランバイオ エアクリーナー

僕が親しくお付き合いさせて頂いている㈱カイコーポレーションさんの新商品です。

本当はグランバイオエアという消臭剤を注文したんですが「新しいのだしたの。使ってみて!」と押され(笑)グランバイオエアと一緒に届いていました(笑)

本当に3時間前に届いたばかりなのでまだ使ってませんが、洗浄力は並でしょうけどカビ防止や消臭をメインにする場合はいい洗剤なのかな?と思います。

ただエアコン清掃は洗剤洗浄後に大量の水で濯ぎますから、濯ぐとバイオは流れてしまいます。濯ぎ後にもう一度吹きかけるのか?それならグランバイオエアでいいのでは?とか疑問は多いんですが、まだ使っていないのでこれから試験ですね。

あとバイオ洗剤の大きな難点?は吹きかけっぱなしはまずいのかな?だってどんなバイオでもずーっとは生きてられませんから、いずれ死にます。そうなるとバイオがバイオフィルムになり汚れやその他の原因になりかねません。

計画的にバイオ管理を継続するか、効果が出た後に意図的にバイオを除去する必要があると思います。バイオを上手に継続させて理想的な環境を作ろうっていうのがカイコーポレーションさんが売り出しているプロバイオティクス工法なんですね。(とっても乱暴な雑な説明で申し訳ないです)

そういうことまで考えて使用するなら効果的だと思います。

僕がグランバイオエアという消臭剤を「万能ではない」とか言いながらもずーっと買い続けているのは、バイオの特性を考慮しながら使えるのであれば「とても効果的」な消臭剤になり得るからなんです。

計画的にバイオを管理するとなるとある程度の定期契約をお客さんと結ぶ必要が出てくると思います。それが出来るかは各社の営業力によると思うので難しいですけど、逆を言えばバイオだから定期契約を結びやすいメリットもあると思っています。

1回だけの施工の現場にはあまりバイオ消臭剤は向かないかもしれませんが、せめて1週間とか時間をもらえるなら良いと思うし、ケミカル消臭剤よりは臭いの再発も防ぎやすいのかな?という利点も感じています。

ただ、僕は消臭屋さんじゃなくて掃除屋さんですし、建築物環境衛生管理技術者って国家資格を持ってますからその必須科目で細菌がどうこうとか感染症がどうこうとかお水や空気の分析とか勉強するんです。出来なきゃ資格取れませんし。それだけにバイオのその後が気になっちゃいます(笑)

よくバイオ消臭剤を撒いて1日で臭い消えましたっていう話を聞きますけど、本当かな?って思うし、仮に消えたとしても「そこに残したバイオはその後どうするの??」って思います。

なんか難しく書いたんですが、要は「効果が出て、継続が難しければ拭取るとか洗い流せばいいんじゃないの?」ってことだけなんです。。

漬物だって食べるのに樽から出したら糠を拭ったり洗ってから切るじゃないですか。たぶんその程度のことなんだと思います。

そんなこんなで、よくご家庭で「バイオ洗剤って使い方難しいね」とかご相談受けますけど、効果が出るまで数日継続するのと、効果が出たら一旦リセットするのがいいんじゃないかな?って勝手に思っています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする