ガルバリウムの外壁の汚れ

本州の事情は分かりませんが、北海道ではガルバリウムという鉄板みたいな外壁のお家が増えている感じです。

メンテナンスがとても簡単ですし、見た目もお洒落で素敵だと思います。他にも建築的に利点はあるのかもしれませんが、僕はそこまで興味はありませんから分かりません。

ガルバリウムの外壁は素敵なんだけど汚れると意外と落としにくい難点があるように思います。基本汚れにくいし、多少の汚れなら雨が降れば流れるんですが、それでも落ちない汚れがなかなかやっかいですね。

手垢のような汚れが落ちないとか、貼った時のボンドやコーキングを業者さんが拭いたけど、ムラムラになって逆に汚くなった、あとはごく稀にありますが、ガルバリウムは酸に弱いと思うので、酸性の何かでおかしくなったとか。

ガルバリウム外壁汚れ
ガルバリウム外壁汚れ

写真じゃ確認が難しいレベルの汚れですが、ここも窓の右側に手垢みたいな汚れが付いています。

こういうのが無数にあると汚く見えます。

これがなかなか落ちないらしく、ご相談を頂く事が多いです。

Beクリーンはこういうの割と得意なので、キレイサッパリ落とせています。

やり方を教えて欲しいという方もいますが、こればっかりはきちんと丁寧に施工するだけとしか言い様がありません(笑)

最近気に入っている洗剤がとても素晴らしくてコーキングもボンドも比較的簡単に除去してくれ、脱脂まで行えるので便利です。

今回は高さも程ほどだったので、7尺の脚立に歩み板を渡すだけで施工可能でした。

歩み板って正式にはなんていうんでしょうか?

足場板?渡し板?

僕が使っているのは3メートルくらいまで伸ばしたり縮めたり出来る歩み板です。

相変わらず恵庭の現場にかかりきりです。旭川でも仕事があるので、ちょこちょこ戻っていますが、行ったり来たりで疲れます。

そんなばたばたの中で「もうやめてよ!」って思うのが、電話で「ホームページの検索順位が」とか「電話料金が安くなるとか」「いらない車を売ってくれ」とか「照明をLEDに」とか「セキュリティ対策が」とかどうでもいい営業電話です。。

検索順位を上げれるなら自分の会社の検索順位を上げてネットで集客してればいいのに、なんでイチイチ電話で営業するの?と思います。ネット集客が効率いい、ネットで集客が売上に直結みたいな営業を電話で行っている時点で矛盾しているのに、それすら気が付かずに電話で話を聞いて契約する人が一定数いるからこの迷惑営業が止まらないんだと思います。

そんなに上位に表示されるのが素晴らしくて毎月数万円払う価値があるなら、あなたの会社もネットだけで顧客を獲得出来るじゃん?違うの??って思うんです。

そういうことを彼らに言っても明確な答えを返してくれない。ダメじゃないですか。

自分たちが自信を持って営業しているツールを自分たちは信用してないから電話してくる。これトヨタ自動車の社長の愛車が日産車ですって言ってるのと近い物があると思います。そんなのおかしいじゃないですか?それで「トヨタの車は素晴らしい」って言われても「あなた乗ってないじゃん」って思いますよね。

僕は思う「そんなにネットがいいなら、あんたも電話じゃなくてネットで営業しろよ」って。。。

インターネットが社会に根付いて相当な影響力を持っている時代ですし、「俺はネットの情報の全てを信じない」って言ってるけど実際困ったらグーグル検索して「ネットにはこうやって書いてあった。信頼出来る情報を選んだんだ」って信じる人がすごく多い時代です。

ネットネットネットネット、そんなにインターネットがすごいならIT企業とか大企業に営業マンって必要ないと思うんです。でもIT企業でも大企業でも営業マンはいて、大切な商談は人と人が直接会ってやってますよね。今話題のG20だって偉い人が直接会って握手してるし。

どうなんですかね??

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする