子供の頃憧れていた出張出張っていう大人になってみて

僕は中学生の頃「将来の夢は」みたいなので何も考えずに「社長」って書きました。

まー今は専務だけどだいたい夢は叶ったと思います。それで子供の頃はテレビなんかで「出張でどこどこに」とか言ってる大人を見て「カッコイイな~」自分も大人になったら出張であちこち飛び回る大人になりたいぜ。って思いました。

それも叶った。毎年北海道から必ず出るし、道内もあちこち飛び回っています。

それで思った「出張は疲れる」って。。。。

僕の場合は1日とか2日で帰れないので結構まとまった日数をホテルで過ごします。これがしんどい。。ずーっと旭川を空けられないので1週間のうち数日は帰るとかしなきゃいけません。これも疲れる。お洗濯物もとっても溜まるし。僕なんて足が臭いですから、靴下だけは並の人の倍は消費しますし。。。。

それに毎日外食だし、僕みたいな貧民が泊まるホテルなんて「今回はいいホテルだね」と思うのがルートインとかそういう低次元な話ですから、快適さのかけらもない。

もーもー疲れる。しかもホテルの駐車場って(安ホテル限定だと思うけど)先着順とか台数限定、高さ制限アリとか面倒だし、お出かけで車使っちゃうと夜に帰ってきたら停めるとこない。とかざらにあるんですよね。

そんなもんで、ホテルの夜は暇です。昨日なんて万歩計で計ったけど5000歩越えるほどひたすら散歩しました(笑)千歳川沿いをひたすらテクテク。

今は僕は恵庭市で灯油が漏れちゃった、灯油臭いから消臭したいです。というお仕事を頂けたので現場は恵庭、宿泊は千歳と言う感じです。

灯油漏れ灯油臭い消す
灯油漏れ灯油臭い消す

灯油の消臭は最初の除塵がものすごく重要です。これをいい加減に行ったり、ホウキで終わらせたりすると工期が無駄に延びたり、臭いが消えない原因に直結です。僕はケルヒャーです。こいつはメーカーの想定外の使い方でも「キュイーンキュイーン、ブンブン」といってグイングイン吸い取ってくれます。

灯油 臭い 消臭
灯油 臭い 消臭

灯油は消臭剤やオゾンでは反応しにくいです。灯油を除去出来る洗剤もありますが、木材に染みていると抜ききるのは至難の業です。

僕も今までは洗剤噴霧、エクストラクターに回収剤を入れて吹き付けながら回収でしたが、これは効率が悪い事に16日前に気が付き、今回から新工法です。効果はありました。お客さんは「たった一日でほぼ灯油臭がない!」と喜んでくれました。でも僕は納得していないので、まだまだ施工します。

こんな所にもナノテックシステムの理論は応用出来ると確信です。恐るべし兼頭さん。。(笑)兼頭さんもナノテック理論を消臭に使う人がいるとは想定外でしょうか?今度聞いてみます。

今回恵まれていたのはイナグサー?とかそういう中和剤を使わないでそのまま放置してもらえた事です。

これは大きい。中和剤はそれの匂いが強いですから、使われると中和剤の臭いも消す作業が追加されるので手間が掛かります。

あと出張で消臭で困るのがティッシュです。鼻が命だからすごく鼻をかんだりほじったりするんです(笑)そしたら車に積んである箱ティッシュが空になる。出先で1箱買うのは割高。でも5個入りを買っても多すぎるし、車に残り4つを積んでおいても箱が潰れてグチャグチャになるしな~って毎回毎回悩みます。。切実。

あと一週間くらい頑張ります。

フェイスブックにも書いたんですが、最近「この施工が出来るのは北海道ではBeクリーンだけ」ってお客さんに推薦してくれる業者さんが増えました。

しかも会ったことも聞いた事もない業者さんだったりします。今日もまさにそういうお問い合わせを頂きました。

とても光栄でありがたくて嬉しい話です。でも実際僕はそんなにすごい技術を持っている訳じゃありません。狐塚さんやナオキンさんという神様のような掃除屋さんや消臭の神様で言うとカルモアさんの村岡さんなんかと比べると僕なんて目クソ鼻クソみたいなもんです。

それでも無駄に高く設定されたハードルも楽々飛び越せるように、もっともっと技術を磨こうと思いました。僕は努力とか根性とかは好きじゃないので、自分のペースで面白可笑しくやっていこうとは思います。文系なもんで。。ガムシャラが似合わないんです(笑)

レ・ミゼラブルって本読みました?主人公はジャン・バルジャン。ジャンバルジャン、頑張るじゃんみたいな洒落の効いた毎日を目指します(笑)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする