床にタイヤ跡が着いた

またまた床にタイヤ跡が着いたってお問い合わせです。

今回はノーワックスフロアに染みてしまったタイヤ痕です。

床にタイヤ跡
床にタイヤ跡

こればっかりは見積と言うか、実際に施工してみないと落ちるか落ちないか分からない作業になります。

取れたらお金下さい。取れなきゃ要りません。って答えるしかない。曖昧なんです。。。

床にタイヤ跡
床にタイヤ跡

取れた。

最近はナノテックシステムを導入していることもあり、ナノテックの理論がシミ抜きにも応用可能な事が分かりました。

僕もナノテックシステムの代理店になりたいな。って思いますが、北海道はクリーンコーポレーションさんっていう超大手のビルメンさんが代理店で君臨していますから、僕みたいな弱小は難しいと思います。

北海道に関しては僕の方がナノテックシステムを宣伝している。この点しか勝てません(笑)

Beクリーンは会議室もなけりゃお金もないですから(笑)

ナノテックシステムは初回講習などのセミナーを受講しても「ビルメン向け」とか「良いのは分かるけど、ハウスクリーニングには不要かな?」とか思われがちだと思います。

僕はそうは思いません。ハウスクリーニングの業者さんでも理論の応用や洗剤類の応用など活かせる点はとても多いと感じています。

まー僕は代理店じゃないのでナノテックシステムを宣伝しても入会者を紹介しても1円も得しません。ただただ「本当に素晴らしいからオススメします」っていう善意だけです。僕みたいな冷たい男が「善意」なんて言っても誰も信用してくれないんですが(笑)

賃貸物件を借りている方なんかは写真みたいな状態にしてしまうと退去時に追加でお金を請求される事が多いと思います。

これ当たり前ですけど、不動産屋さんが仮に「2万円」って言ったとします。不動産屋さんから僕らみたいな業者に電話が来て「取れる?」って聞かれます。

「取れたよ」「1万円ね」ってなると、不動産屋さんは1万円儲かっちゃいます。商売だからピンハネは仕方ないですけど、払う側からするとどうでしょう?

自分で直接頼んどきゃ半額で済んだのに。って思いますよね。

僕は多く払わなくても結果が同じなら定価を払って、浮いた差額で新しいTシャツを買うとかお弁当箱を買うとかに使うほうがお得じゃないか?って思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする