臭気調査 北海道 旭川

臭気調査を行いました。

北海道で臭いの調査って大手の大企業が行っているのはありますが、うちみたいな零細企業で対応しているのは数少ないんです。レア。

臭気調査って何をしてくれるの?って聞かれる事がありますが、一言で言うと「どこが臭くてこの臭いが発生してるか見つける」って仕事です。

そんなもの誰でも分かるじゃん。って思われますが、意外と難しい。室内が満遍なくとっても臭いとどこを嗅いでも臭く感じます。その中から「犯人はお前だ!」って金田一耕助のように断定するのは意外と難しい。

誰でも出来ないから仕事になるんです。

今回は良くあるパターンですが、室内がとっても排水臭い。でも何が原因か分からない。設備屋さんにも来てもらったけど排水漏れとか以上は無い。どうしよう?

ってご相談。僕得意です。

で、臭気調査は臭いの元を調べるだけなんで、そこからの臭いを消すとか臭いが出ないようにする防臭とかは別作業になります。

「ココがくさいから、こういう対応が有効ですよ」って所までが臭気調査。「この臭い消しますよ」ってのが消臭の作業です。

臭気調査だけでも料金は発生します。だけどその後の消臭までご依頼頂けたならお得になります(笑)詳しくはお電話下さい。

排水臭い原因はここでした。

排水トラップ
排水トラップ

洗濯の排水口にトラップが設置されてない。ただそれだけ。

設備屋さんは洗濯排水に蓋をしていたので、臭いが上がっているとは考えなかったようです。

蓋をしても臭います。臭いものには蓋をしても臭いんです。

写真のような後付けトラップを設置するだけでも臭いは止まります。きちんと封水してくださいね。水なしだと臭いは止まりません。

調査時は臭気測定機を使ったり、気流調査や風量の調査なんかをして「確実にココ」って徹底的に調べます。

あまり難しい工事だと僕は出来ませんが、簡単な設備工事や大工工事なら僕も施工可能です。

排水臭い原因はトラップ関連が一番多いですけど、それ以外にも2階の排水がちょろっと漏れてたとか、床下で排水が漏れてた、とかキッチンと壁の隙間に排水がとか、排水管の通気口の真上に室内への吸気口が設置されていたとか色々です。

臭いでお困りの方はご連絡下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする