臭気調査とか現場調査とか

今日はとってもバタバタでした。早朝から富良野で写真撮影の仕事です。お昼に旭川に戻りそこから現場調査とか臭気調査とか見積とか10件。もー時間との戦いです。

カビ 壁
カビの部屋
床 カビ
床 カビ
クロス カビ
クロス カビ

こんなのとか、

風呂 カビ
風呂 カビ
風呂 カビ
風呂 カビ

行くとこ行くとこカビだらけ。

バイキンマンとカビルンルンが運動会でもしたのかよ!ってくらいカビ。

臭気調査は「部屋中どぶ臭い」ってご依頼。これは簡単に原因が見つかりました。

消臭が出来ると臭気調査のご依頼が増えます。臭気調査を行うとほぼ確実に消臭や、臭気対策のご依頼を頂けます。

消臭ができても臭気調査は出来ない業者さんも多いですから、そのあたりはBeクリーンはちょっと強いと思います。

臭気調査を行うにはある程度の建築の知識、設備の知識、図面を読み解く知識、臭気の知識、調査器具の使い方、室内の気密、気流の流れ、様々な知識が必要になると思います。そして何よりも経験。机上の理論じゃ解決しない原因って沢山あります。

どうでしょう?ちょっとすごく感じますね(笑)こんな仕事もしょっちゅうしています。どーだい!って自慢したいんですけど、僕が尊敬する消臭の鬼、カルモアさんの真似事です。なんのオリジナリティもない作業です。いつかは独自の作業に昇華させたいと目論んでいます。僕は野心家です(笑)

カビの現場もBeクリーンは殺カビ防カビ、カビ菌の培養調査も可能ですから、ちょっとイケてる掃除屋さんだと思います(笑)

Beクリーンは何度も書いてますが、価格は北海道の相場から見ると比較的高めです。僕は高いとは思わず適正だと思っています。

それでもお見積に伺い「○○円です」って伝えるものの「高いとか言われるかな?」「値下げしろって言われるかな?」とか思いますが、だいたいは「OK,じゃー日程決めて」っていうのが殆どです。

お客さんに恵まれてます。ラッキー。

清掃業界はこの数年資材の値上げが続いています。洗剤もワックスも高くなっている。それに輪をかけて人件費も高騰しています。働き方改革とかで「働く時間は短く、休みは増やせ、給料は上げろ」って国が言ってますから、作業代金が高くなるのも当然だと思います。お菓子だって値上がりする時代ですから。

仕事量を減らさなきゃ休みも増やせないし、働く時間も短く出来ませんから、単純に材料費人件費の高騰分を上乗せしたって利益が出せない時代だと思います。

出来る現場数が減っても売上は維持しなきゃいけません。効率化だけでは解決しません。

そんなんで僕は仕事が減っても稼げるようにCDを発売して印税生活とか、写真集を出版して印税生活とか、アーティスト活動を増やします(笑)冗談です(笑)ユーチューバーもありかな?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする