フローリングの洗浄とワックス

先日フローリングの洗浄とワックス掛けを行いました。

カーペットを敷いていたらポツポツ滑り止めの跡がビッシリ着いてしまったフローリングでした。

手で触ってもボコボコしてないしガタガタしてないけど跡だけ着いてる状態ですね。

可塑剤なんちゃら、って現象らしいですけど僕は良く分かりません。良く分からないけど消す事は可能です。

フローリングワックス

今回もナノエッジで洗いました。山内君は上靴を忘れたので僕の愛用のお風呂ブーツで作業しています。これは完全防水で滑らないですから素敵なんです、ダサいけど。。。。

重篤な状態のワックス剥離でない限りはフローリングの洗浄はナノエッジで十分だなって感じています。なんせ軽いですからポリッシャーを運び込むよりも楽ですし、仕上がりも12インチポリッシャーとほぼ変わりません。便利です。

Beクリーンでは床のワックスかけをご依頼頂いた場合はお客さんに何パターンか作業方法をご提案しています。

剥離するのか?表面洗浄だけか?滑らないワックスか?ツヤ重視か?油に強いか?つや消しか?などなど様々な話の中である程度作業方法を固めて、お客さんのおうちの暮らし方をなんとなく見てから最終決定します。

スリッパで歩くお宅でスカッフマークが付きやすいワックスはナンセンスですし、油物大好きなお宅にストライドなんかもナンセンスだと思いますし。

ワックス掛けを行うとよく「何年おきに業者さんにお願いすればいいの?」とか「水拭は良くないの?」とか「クイックルワイパーのワックスが付いているシートは良くないの?」とか聞かれます。

歩行頻度とか来客の数とかお掃除を毎日するのか?毎日水拭するのか?掃除機は毎日かけるか?週に1度か?そういうことが分からないと何とも言えませんが、それでも作業前の床の状況を見て「こういう感じのお手入れで良いと思いますよ」とか「毎年じゃなくても数年置きで良いんじゃないですか?」なんてお客さん毎に違う事を答えています。

床が油っぽい家だと毎日洗剤で拭くのが良いと思うし、乾燥したカラカラの家ならクイックルワイパー管理で週一水拭でもいいんじゃないか?とも思うし、湿気が酷くて床ワックスまで緩むような家ならそもそも掃除機よりも除湿機を買ったほうが良いだろうし。

そんなお掃除の悩みなんかも僕たち掃除屋さんは工務店さんやハウスメーカーさんよりも詳しくお答え出来るとは思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする