防カビ 除菌

北海道は今日は何処も大荒れだったんでしょうか?旭川市も猛吹雪で何処もかしこもホワイトアウトで運転していても前の車すら見えない感じでした。

交通事故の車が多かったり、スタックしている車が多かったり、救急車も心なしかいつもより多かったように感じます。

そんな大荒れの旭川市で坊カビ、除菌の施工をしてきました。設備屋さんも大工さんも入り乱れる賑やかな現場で写真が撮れませんでした(笑)

今日の大工さんも設備屋さんもあちこちで漏水事故が起こったらいつも一緒になる人たちですから作業はやりやすいです。

みんなで「今月は緊急出動!!!」って多すぎたね。「漏水だけで飯食えるね」って話していました(笑)

漏水が起こると家財道具や室内がビチャビチャになるのは当たり前ですが、なかなか乾燥しない入り組んだ部分に水が入り込むとそこからカビたり、悪臭の原因になります。

以前なんてきちんと処理しなかったために北海道でも部屋中ゴキブリだらけになった部屋もありますから「除菌消毒なんて大袈裟だろ」とは気楽に言っていられないと思います。僕はゴキブリが他人の部屋に発生したって困りませんから、やらないって言われれば「分かりました」で終わりますけど、発生してからじゃ害虫駆除費用も掛かるし、保険対応なんてありえませんから入居者さんや建物のオーナーさんなり管理者さんが損しますよね。

ゴキブリ部屋の人は「以前水漏れがあってからアトピーが、、、」といって顔や手があれていましたが、ゴキブリがいる事は気が付いていなかったそうです。とあるキッカケで僕が除菌に行った際に、洗濯機を動かしたり、棚を動かしたり、衣装ケースを移動したりで、ゴキブリを沢山見つけてやっと発覚です。

きっとお布団や衣類の上も沢山のゴキブリが走り回っていたんだろうと思います。ちょっと怖いですよね。

そんなエピソードもありますから、大袈裟に思えてもきちんと数ヵ月後、数年後を見据えた対応を取ってくれる管理会社さんや大家さんの建物に入居したいですね。

ちなみに僕があちこちで漏水で走り回っている現場はすべてリアルターアップルさんという旭川の地元企業さんです。若社長体制になってから不動産管理の方もすごい勢いで伸ばしていますし、会社の規模もすごい勢いで拡大しています。僕は13年くらいお付き合いがありますが、最近では名前も分からない職員さんもとても多くなりました。昔は多分全員知ってたんですけど。

除菌も薬品を使うとかオゾンを使うとか色々な工法があります。最近では様々なバイオ洗剤が登場しており、バイオの力で細菌のバランスをコントロールし細菌の発生や臭いの発生を抑える工法なんかも魅力的ですね。

Beクリーンでは薬品、オゾン、バイオと3つの工法をうまく組み合わせた方法で現場に適した施工を行います。

もっとすごい技術を保有している会社さんは沢山ありますから、僕も圧倒的な技術を持っている会社ですね、って言われるようにもっと勉強したり実験しようと思いました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする