反復練習の功罪

世の中頭のいい人は1回聞いたり見たりすればその作業や知識を覚えたり自分の技術にしてしまいます。そうじゃない人は何度も何度も繰り返し練習して身に付けていくと思います。

ただ、何度も何度も繰り返す事は時間が掛かるし、繰り返している事が間違いであったり効率が悪いことだったとするとちょっと残念な結果になります。

1度で覚えられる人は身に付けて考えて作業中に「もっと効率の良いやり方」「もっとクオリティいの高いやりかた」とか発見するのも繰り返す人よりは早いんだと思います。

努力が必ず実る世の中じゃないんだなって大人になって痛いくらい感じます。頭いい人はやっぱり頭良いんですよ、悔しいけど。

今日は排水が凍結して水が溢れてきた現場の解氷と洗管を行いました。

排水管高圧洗浄

この建物は排水管の走り方が複雑でなかなか難しいです。

金属製の管だと電気で熱をかけるとかも解決方法の一つだと思います。他には排水管の一部にドリルで穴を開けそこからスチームなどで温水を吹き込み解氷させる方法、今回の僕みたいに洗管時に熱いお湯を使い高圧洗浄で溶かしてゆくなど色々と方法は考えられます。

1月も2月もお蔭様でなんか分かりませんがとっても忙しいです。

世の中にはきっとバイオリズムってものがあるんだと僕は割りと本気で信じています。イライラしてる人に今日は良く出くわすな~とか、今日は交通事故が多いな~とか、なんかそういうのってあると思うんです。

そんなバイオリズムなのか?今日は「おーしえて~」ってメールや電話がとっても多かったです。

僕は聞かれるのが好きです(笑)自分がどーだい俺って何でも知ってるだろ!!って自慢したいわけではなくて、聞かれると僕も「いい加減な答えは返せないな」って思うから沢山考えるんです。真剣に沢山考えると脳みそがフル回転しますから、これがなんか楽しいんです。

「へーそういう悩みがあるんだ?」とか「なになにそれ?俺は聞いたこともないよ」とか「自分はこうしてるけど、そういう方法だと解決しないのか!」とかなんせ色々な情報が入ってきます。

僕は毎日の日課で一日の中で気になったことや閃いたことでもっと調べたい事は全てメモるかひかえておいて、その日の夜に全部調べます。

僕は賢くないので全部は知識になりませんが、繰り返しているうちに「あーあれは調べたから知ってる」って知識が少しづつ増えてきます。

質問が多かった日なんかはさらに調べる事が多くなりますから、勉強の時間が増えるのでとってもありがたいと思います。人にケツを叩かれて勉強するんです(笑)

こうやって書くと「すげー勉強家」って言われますが、調べていることなんて難しいことからどーでもいいことまで様々です。

一昨日なんて「欅坂48」って「なんて読むの?」とか調べてましたし、この前は「どうして雷がなるの?」とか「どうして乾いた氷は滑らないの?」とか「歯磨きって本当に3分がいいの?」とか「嵐 大野君 やめるの?」とか「プロポーズ バッティングセンター ホームラン」とかどーでもいい、、、って話題が多いんですが(笑)

僕は息子2人と娘1人がいますが、子供って「ねーどーして?」って良く聞くじゃないですか。「どーして飛行機って飛ぶの?」とか「タケコプターってまだ売ってないの?」とか「本当にお化けっているの?」とか「どーして日本なのに北海道があって旭川があって永山があるの?」とか(笑)千歳空港に行った時は「ねーどーしてあのドラえもんはどこでもドア貸してくれないんだろうね?話しかけても無視されたよ」とか聞かれましたし(笑)
子供の疑問だからって僕は馬鹿にしたくないので、何でもきちんと答えたいなっていつも思います。こんなどーでもいい癖がお掃除にも活きていて「どーして換気扇は汚れるの?」とか「どーしてトイレは臭くなるの?」とか考えるようになりました。

どーして凍ったのかな?こーかな?じゃーどーしてみよう。

とか、どーして汚れたのかな?じゃーこれを使ってみよう。とか僕は賢くないので1度では覚えられないから、沢山のどーしてどーしてを繰り返して地道に自分の実力にしていこうと思いました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする