消臭完了

先日のブログで書いていたタバコとアロマの臭いの消臭が終了しました。

問題なくタバコの臭いもアロマの臭いもなくなりました。

アクティボを使ってオゾンガスを発生させていたましたが、何故か自分の計算で考えていたオゾン濃度よりも上がらない。。調べて見るとオゾン発生体の一つが死んでいた。これだもん数値が大幅にずれるわけです。

アクティボとかタイガーはオゾン発生体を2つ装着して運転させます。パンサーは発生体一つです。

最近はオゾンでトイレの消臭、って製品も増えているようです。コンセントに差し込むだけで微量のオゾンが発生される機械ですね。

これも良いと思いますが、オゾンはゴムを劣化させますからトイレなど密閉空間で長時間使用すると水道配管などのゴムパッキンが劣化し漏水などの原因になるケースがあるようです。

データがあるわけではありませんが、知り合いの設備屋さんが「水漏れが続く施設があり、その施設は全室トイレにオゾン発生機が付いている」と言っていました。設備屋さんはオゾンがゴムを劣化させるなんて知りませんから、関係があるとは思っていないようです。たまたま僕と一緒に作業をしてオゾンの臭いを嗅いで「この臭い知ってる」となり、そういう話になっただけなんですが。

僕もいつだかの大規模な消臭の現場でアクティボとタイガーを同時に使うような面積も大きい、オゾンガスの濃度も凄まじい数値になるような現場に、お気に入りの長靴、長靴のトップブランドコウシン製の黒いゴム長を置いておいたら、ゴムが劣化しバキバキに割れたことがあります。奮発したのに残念でした(笑)

消臭に新規参入する業者さんや、あまり結果が出せない業者さんで「オゾン発生装置があれば消臭が出来る」と勘違いしている方が多い傾向にあります。

確かにオゾンは強力な酸化力など素晴らしいメリトッは多いですが、オゾンだけでは勝負できない現場の方が圧倒的に多いです。

消臭剤とオゾンの組み合わせ、臭いの原因物質の解明やどのような化学反応で原因物質は分解除去されるのか?など様々な知識が無ければ難しい分野だと思います。

知識が無ければ新規参入出来ないのか?というとそういうわけでもなく、僕だってバリバリの文系大学卒業で、化学の知識なんて皆無でしたが出来ています。

北海道には消臭業者さんはあまり多くありませんから、零細企業が寄り集まり消臭の勉強みたいな事が出切れば良いなと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする