なんか感じ悪い、、、

来年からあたらしいジャンルに挑戦しようと思って新しい機械なんかをインターネットやカタログなどひたすら読み倒して探しているんです。

絶対に需要が増えるし、僕の得意分野を更に強くするトゲトゲに尖った会社になるために必要な分野だと確信しているんですが、なんせ機械がいちいち高いんです。100万円とか大物になると数千万円にもなります。

いつかはクラウン、いつかは買ってやる。という気持ちで「いいな~」「欲しいな~」と思いながら色々と考えているんです。

「この機械があればこういう場面で他社さんとは決定的に差が出せる」とか「僕の知識と経験とこの機械を組み合わせれば北海道では一人勝ちだぜ!!」とか妄想は広がります(笑)清掃業界の流れを見ていても先日のクリーンEXPOの展示品を見ていても「このジャンルが来るのは確実だね」ってかってに思ってるんですが(笑)

そんな中で、とあるメーカーさんに機械の資料が欲しいってお願いしたんですが、なんか感じ悪かった。

要は「お宅のレベルじゃ使えねーよ」「売るとしても定価だね」みたいなものすごい横柄な感じなんです。普通僕らの業界って定価があり、ビルメン価格と言うものがあり、ネットショップの価格があり、実際に僕らが買うのはさらに値引きされた問屋さんの価格って物があるんですよ。(定価→BM価格→NET→問屋)みたいな価格設定なんです。

例えばですけど定価が27万でビルメン価格22万、ネットで20万、問屋さんが16万で出してくれるとか当たり前の業界で、定価って。。。。まー定価は仕方ないとしても、使えないみたいな言い方は切ない。。。「カタログは送るけどさ、ネットにも書いてあるけどね」みたいな言い方。。。

いや、大袈裟に相手を一方的に悪い人設定で書きましたが、電話では丁寧に話してくれたんですよ。でもその人が選ぶ言葉の一つ一つに棘があり、そしてものすごく丁寧に馬鹿にしてくる。。。悔しいぜ。

どーせ僕は零細の掃除屋さん。今日問い合わせをしたメーカーさんなんかは超大手のビルメンさんとか、白衣を来た人が仕事をするような検査機関に物を売るメーカーさんですから、田舎の掃除屋がなんだよ!って感じるのは仕方ない。

それにしたってもう少し穏やかな単語を選び客観的に聞いても嫌味じゃない話し方ってあるんじゃないのかな?と思いました。

とっても悔しい~~~~~~って思ったので、いつかこのメーカーさんが直接うちに来て「買ってくれませんか?」って頭を下げるまで絶対に他のメーカーの機械で頑張ろうと思いました(笑)

電話切ってから「もー買わないんだから!!」ってちょっとグズりました(笑)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする