ブラインドクリーニング

Beクリーンのリピータさんからブラインドを預かり、クリーニングしています。

家の壁紙を貼りかえるリフォーム中とのことで、ブラインドも外したついでにクリーニングを考えて下さったようです。ありがたいです。

ブラインドを乾かしています

会社を引っ越してガレージが出来たので、ガレージないで乾燥ができます。便利。

ブラインドクリーニングは超音波で洗うシステムもありますが、設備が高額な割にはあまりブラインドはきれいになりませんからアナログに手洗いが一番だと思っています。

山内君とひろのぶ君がブラインドを手洗いしています。

本当は僕が洗おうと思って準備していたんですが、会社にいるとお客さんがたくさん訪ねてきて下さったり、打合せとか見積もりなんかで結局洗えませんでした(泣)

うちの奥様にも「だから誰かに頼みなよって言ったしょ」と言われまして、今日はメンズ二人にお願いしました。もう一人のメンズのとしゆき君は皆と空室清掃に行ってくれてます。

今日は二人休みなので人が少ない中、僕の方に二人も借りるの悪いな~とも思いますが。

僕は会社を大きく出来ない経営者の典型みたいなもので、自分も現場に出て作業したい!って気持ちは未だになくなりません。経営の本を読んだりセミナーを聴講しても経営者は経営をしなきゃいけません、って言われてますが僕は現場に出たいなって思っちゃいます。

大企業とか小さいながらも巨額のお金を動かす会社ならそれでいいかもしれませんが、Beクリーンなんて零細の家族経営に毛が生えた程度の個人商店、近所の駄菓子屋さんと大して変わりませんから、親分が現場に出なきゃ1円も稼げないじゃん!!って思います(笑)僕が事務所にいるだけで電気代も灯油代も水道代もかかるのに1円も稼がないんですから。こりゃ不経済。

一生貧乏確定ですかね(笑)

そうは言っても最近はビッチリ現場ともいかずに事務所に篭っていたり、打合せなんかで一日が終わることも多いですし、現場ばかりで終わることが難しいですが、やっぱり「どっか掃除して~」って気持ちはずーっとあります。

現場がなきゃ稼げないけど、稼ぐための体制を整えなきゃ現場すら受注できない。難しい兼ね合いなんですが、バランスよくやりたいなと思います。

来週は東京で展示会の見学とか、取引業者さんと真面目な話なんかでほぼ終わりで、東京から戻ってすぐに千歳市で中規模の消臭現場がスタートするので旭川に降り立って身支度したらすぐ千歳に走らなきゃいけないかな、といった具合です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする