店舗の床ワックス

昨日の夜は床ワックス清掃を行ってきました。

もちろんナノテックシステムで施工です。この店舗はツヤ重視だったことと、Beクリーンの前に入っていた業者さんもキレイニ分厚くワックスを塗っていたこともあり塗膜管理の床清掃が出来ていなかったので塗膜は分厚いです。

今回から数回に渡り減膜させながら剥離せずに塗膜をリセットさせる作戦で行きます。

自洗機が2台あればいいんですが自洗機は1台だけなので1回目はポリッシャーで、2回目は自洗機で洗って仕上げにもっていきます。

ナノテックフィニッシュは1枚塗布の箇所と2枚塗布の箇所で塗り分けで仕上げます。

商品がきれいに写りこむクリアなツヤです

ギラッとせずキラッっとしたツヤ

今回は特にゾーニング?とでもいいますか「ここは1枚塗布」とか「ここはシャインだけ」「スムーズとシャインで」とか細かく分割して作業しました。その辺の流れがもっとスムーズに出来ればなお良かったかな?と思います。

膜厚感はないですがツヤは上がっています

次回以降の課題としてはもっと減膜させるべきという点と、ナノテックフィニッシュを塗る作業員の塗布技術の向上、洗剤塗布機で洗剤を撒く際の撒き方等、細かな技術面の問題を少しずつクリアしていかなければと思っています。

大きな店舗は色々と練習になるし課題も見えてくるので時々施工するのは会社のスキルアップにはちょうどいいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする