旭川市では唯一?のナノテックシステム施工会社です

たぶん旭川市ではBeクリーン以外にナノテックシステムを導入している掃除屋さんは無いと思います。本部からも北海道で実際に施工しているのは北海道の代理店とうち位だと聞いているのできっと間違いないでしょう(笑)

今日は約430㎡の小さめの建物の床をナノテックシステムで施工してきました。3人で3時間。悪くはないですね。

ナノテックシステム施工前

上の写真2枚が施工前の状態です。この建物もナノテックシステム導入以前から減膜洗浄とか平滑に洗うという僕の独自の工法で管理していたのでそれほど悪い状態ではありません。

ナノテックCR30倍でレフパッドスムーズ、レフパッドスムーズ、レフパッドシャインで洗います。

ナノテックフィニッシュは1枚で仕上げです。

ナノテックフィニッシュ施工後

ナノテックフィニッシュ

悪くないツヤ感です。ただ今回はクリアなツヤが出せませんでした。ギラッとした嫌なツヤが出たのが残念でした。

多分ですけど水が少なかったのも原因の一つです。洗剤塗布機が壊れてしまい水量が少なかった、暖房がガンガン焚かれており洗剤の乾きが早かった、など洗浄中に違和感を感じていいましたが、それをスルーした自分の詰めの甘さです。残念。

普段はもっとクリアなキラッとしたツヤが出るんですが。

次回以降の課題です。

今回も減膜はかなりの具合で実現できました。今までの僕の減膜施工よりもさらに減膜されているのが悔しいけど素晴らしいと思います。

通常の床洗浄ワックス塗布作業だと大雑把なイメージですが1枚削って2枚塗る、とかSPPで1.5枚削って2枚塗るという感じでしょうか?これだと作業を繰り返すほどワックスが厚くなります。

ナノテックシステムだと(これも大雑把なイメージですが)2枚削って0.7枚塗るみたいなイメージですからやればやるほどワックスが減っていくので永久に剥離が不要になるんですね。

ワックスが薄いとツヤが出ないんじゃないの?とか耐久性は?って思う人が多いと思うんですが、これが不思議で上の写真みたいにワックス1枚でもいいツヤです。耐久性も僕の個人的な感触ですけどビルメン価格で8000~11000円くらいのグレードのワックスよりは遥かに強いと思います。

それでいてナノテックフィニッシュというワックスは別に高額でもなければ、どちらかというとかなり安い部類の製品だと思います。ナノテックCRという洗剤は若干割高感は否めませんが、性能を考えると素敵だなと思いますね。

専用のパッドなんていよいよ安すぎてビックリですし(笑)

Beクリーンの社員さんたちも「なんでみんな導入しないんだろうね」とか「導入しない意味が分からない」と言っています(笑)なんせ楽、体が楽で施工時間も早くなるし、材料代も減るし。

僕はまだまだ導入して半年程度の駆け出しなのでまだまだ勉強中ではあるんですがね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする